スーパーGTニュース

2018.07.06

30号車TOYOTA PRIUS apr GT 2018スーパーGT第4戦タイ レースレポート


30号車TOYOTA PRIUS apr GT

2018 AUTOBACS SUPER GT ROUND 4
チャン・インターナショナルサーキット

開催地:チャン・インターナショナルサーキット(タイ・ブリーラム県)/4.545km
6月30日(予選)
天候:曇り コースコンディション:ウエット~ドライ 観客数:9417人
7月1日(決勝)
天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:2万219人

またしてもツキを欠いたシリーズ第4戦、足回りのトラブルで無念の今季初リタイアを喫す

 年に一度、海外でレースが行われるスーパーGTシリーズは、今年で5回目の開催となるタイ、チャン・インターナショナルサーキットを舞台に第4戦、『Chang SUPER GT RACE』を6月30日~7月1日に開催した。
 
 高い人気を誇り、全8戦で争われるシリーズに、今シーズンもaprは2台のトヨタ プリウスZVW51を走らせ、#30 TOYOTA PRIUS apr GT3年目のタッグとなる、永井宏明選手と佐々木孝太選手に託すこととなった。ここまでの3戦、どうにも#30 TOYOTA PRIUS apr GTには不運な展開が続き、未だ入賞ならず。
 
 特に天候に翻弄されることが多く、本来の実力を出し切れずにいる。その意味では海を渡って、普段と異なる環境でレースをすることは、これまでの悪しき流れをリセットするには絶好の機会となるかもしれない。今回の舞台、チャーン・インターナショナルサーキットは前半に3本のストレートを、後半にテクニカル区間を備え、まったく性格を異にするのが最大の特徴である。
 
 エンジンパフォーマンスに定評のある FIA-GT3の方が前半では有利なのは明らかな一方で、コーナリング自慢のJAF-GTには後半の方が有利とあって、どちらがタイムを大きく影響を及ぼすか。アップダウンのほとんどない、しかも幅の広いコースは、随所にオーバーテイクポイントを設けており、激しいバトルが期待できそうだ。
 
 なお、#30 TOYOTA PRIUS apr GTは、昨年まで蓄電装置にリチウムイオンバッテリーを採用していたため、ハイブリッドシステムを外さなければ渡航が許されていなかったものの、今年からキャパシタに改められたことで、初めて海外のレースでも装着して参戦が可能になっている。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

バンテリンレースクィーン/2018SF
多田夏摘(ただなつみ)

Photo Ranking

フォトランキング