スーパーGTニュース

2018.07.06

31号車 TOYOTA PRIUS apr GT 2018スーパーGT第4戦タイ レースレポート


31号車TOYOTA PRIUS apr GT

2018 AUTOBACS SUPER GT ROUND4
チャン・インターナショナルサーキット

開催地:チャン・インターナショナルサーキット(タイ・ブリーラム県)/4.545km
6月30日(予選)
天候:曇り コースコンディション:ウエット~ドライ 観客数:9417人
7月1日(決勝)
天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:2万219人

今季2度目の表彰台は、予選14番手からの大追撃で2位フィニッシュ!

 全8戦で争われるスーパーGTシリーズの第4戦、『Chang SUPER GT RACE』がタイのチャン・インターナショナルサーキットで開催された。今年もaprは2台のトヨタプリウスZVW51を走らせ、#31 TOYOTA PRIUS apr GTを、新たにコンビを組むことになった、嵯峨宏紀選手と平手晃平選手に託すこととなった。
 
 ここまで一進一退の展開となっている#31 TOYOTA PRIUS apr GTは、第2戦の富士で予選7番手から2位でフィニッシュした一方で、第1戦の岡山では一時2番手まで上がりながらリタイア、そして前回の鈴鹿では9位に甘んじているからだ。
 
 いずれのレースも予選より順位を上げてきており、今年は決勝レースに強いマシンに仕上がっているのは、紛れもない事実。FIA-GT3にエンジンパフォーマンスで引けをとり、一発の速さを欠きこそしているが、トータルバランスに優れているから、しっかり抜いてこられるのだろう。
 
 今回の舞台、タイのチャン・インターナショナルサーキットは前半を3本のストレートでつなぐ高速コースとして知られ、アベレージでは富士にも匹敵する。しかしながら、アップダウンのほとんどないフラットコースで、しかもコース幅が広いため、後半のテクニカル区間では比較的抜きやすいコースでもある。
 
 その大きな特性の違いがJAF-GTの#31 TOYOTA PRIUS apr GTに、どんな影響をもたらすか、大いに注目された。
 

公式練習 6月30日(土)10:00~11:35

 従来はシリーズ第7戦として終盤戦に行われていたタイのレースだが、今年は第4戦に改められて開催され、時期としては雨季の始まりに当たる。そのため例年より雨が降りやすいと伝えられていたが、ひとまず走り始めとなる公式練習は、雨の心配はなさそう。
 
 青空に白い雲が浮かぶなかで、走行が開始された。#31 TOYOTA PRIUS apr GTには、まず嵯峨選手が乗り込み、いつものようにチェックラップのみ行ってピットイン。ほぼ10分後から本格的な走行開始となった。赤旗は最後まで出なかったこともあり、メニューは順調にこなされていき、セットアップも進んでいくなか、3度目のピットの後に嵯峨選手は1分33秒995をマーク。ちょうど1時間目を境に平手選手と交代する。
 
 1分34秒台前半でコンスタントに周回を重ねた平手選手は、終盤のGT300単独の走行帯で本領を発揮。1分33秒台を立て続きに記し、終了間際には1分33秒402にまで短縮を果たしたところでセッションは終了、好感触のなかで公式練習を完了することとなった。

31号車TOYOTA PRIUS apr GT
31号車TOYOTA PRIUS apr GT


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2018 KOBELCO GIRLS/2018SGT
比良祐里(ひらゆうり)

Photo Ranking

フォトランキング