スーパーGTニュース

2019.02.11

初のGT500に挑む中山雄一に聞く2019年への意気込み「シーズンに向けポジティブな気持ち」


スーパーGT | 初のGT500に挑む中山雄一に聞く2019年への意気込み「シーズンに向けポジティブな気持ち」

 2月7日、トヨタ自動車は2019年のモータースポーツ活動計画について発表し、スーパーGT GT500クラスに参戦するドライバーラインアップを公開した。LEXUS TEAM SARDは今季、ヘイキ・コバライネンのパートナーとして中山雄一を起用することになったが、GT500初参戦となった中山に、その意気込みを聞いた。

 中山はカートコースを運営する父の影響もあり、幼少期からカートに挑み2008年に四輪にステップアップ。2011年からは全日本F3選手権に参戦し、2013年にはチャンピオンを獲得した。その前年の2012年にはaprからスーパーGT GT300クラスにスポット参戦している。

 2014年から16年まではスーパーフォーミュラに参戦する一方、スーパーGTでは2015年からaprのトヨタ・プリウスGTを駆りフル参戦を開始。2017年からはLM corsa/K-tunes racing LM corsaに移籍し、これまで7勝。毎年のようにタイトル争いに絡んでいる。

 意外に思われる人も多いかもしれないが、中山はGT500フル参戦はLEXUS TEAM SARDに加入して迎える2019年が初だ。「GT500自体は3年くらい前にマレーシアでのテストに参加したときにドライブしたのですが、そのときはレギュラーになれるほどのパフォーマンスを示すことができず、チャンスを掴めませんでした」と中山。今年は目標を叶えたことになる。

 フル参戦となる2019年に向けて、中山は2018年12月にマレーシアのセパンサーキットで行われたテストに参加。「どちらかといえば不安も大きいなかで向かいましたが、それほどプレッシャーがかからないようにテストさせてもらえました」とパフォーマンスを出すことに成功した。

 こうしてつかんだGT500のシートだが、セパンテストではほとんど経験がないコースだったにも関わらず、レギュラーで乗っていたドライバーたちのコンマ5秒落ち、さらに1月に富士で行われたテストでは、「ニュータイヤでもコンマ1秒差ないくらいで走れていた」という。

「GT500で戦うという意味では、今のところうまく走れていると思います。シーズンに向けて、今のところポジティブな気持ちですね」と中山は自信をみせた。

スーパーGT第3戦鈴鹿、GT300のポールポジションを獲得したK-tunes RC F GT3
スーパーGT第3戦鈴鹿、GT300のポールポジションを獲得したK-tunes RC F GT3
2016年までKCMGからスーパーフォーミュラに参戦していた中山雄一


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

フローラルパンサーズ
沙倉しずか(さくらしずか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング