スーパーGTニュース

2016.09.16

GTドライバーの心拍数と速さとの因果関係は? 日大医学部チームが論文発表


 毎戦、15台のマシンによって驚異的なスピードのなか、激しいレースが展開されているスーパーGT500クラス。“世界最速のGTカー”と呼ばれるマシンのコクピットで、ドライバーはどんな身体的負担を強いられているのか。それを調べた非常に興味深い研究論文が、日本大学医学部の柳田亮助教のチームから発表された。

 この論文は、2011年スーパーGT第4戦〜12年全戦という期間、ドライバー、チーム、GTアソシエイションの協力を得て、当時のGT500クラス、GT300クラスに参戦していたドライバー7チーム15名からデータを取得。そのデータをもとに解析し、プロのレーシングドライバーの心拍数がいったいどれほど高いのか、また心拍数が高い要因はなんなのかを、科学的に解明しようという目的のものだ。

 当然、プロのレーシングドライバーは心拍数を計る計器はふだん装着していない。決勝レース中はなおさらだ。こういった形でプロドライバーの公式戦のデータを取得することは大変難しく、「世界中の医学研究を検索しても、これほどの人数のプロドライバーのデータを集めた研究はありません」という貴重なものだ。

 研究の結果、柳田助教のチームが解明したものは、下記の内容だという。

(1)各ラウンドごとの決勝レース中の平均心拍数を測定(心拍数が測定できたドライバーの平均)。最も平均心拍数が高かったのは2012年SUGO(伊藤大輔/大嶋和也組ENEOS SUSTINA SC430が優勝)で、177.6bpm。また、全ラウンドの平均は164.5bpmで、この心拍数を約1時間維持しているレーシングドライバーの身体負荷はやはり高強度であることが証明された。

(2)ラップタイムと心拍数に相関関係があった。つまりラップタイムが速いほど、レース中の平均心拍数が高いと科学的に証明された。G(重力)が最も心拍数に強く影響すると推察される。速く走るには、心拍数を上げる能力が必要か。

2012年第4戦SUGOの様子。ENEOS SUSTINA SC430が優勝を飾った。
2012年第4戦SUGOの様子。ENEOS SUSTINA SC430が優勝を飾った。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

GAINER sucre/2018SGT
平有紗(たいらありさ)

Photo Ranking

フォトランキング