SUPER GTニュース

2016.03.27

SGT富士公式テスト:2日目午後はDENSO RC Fがベストタイムに


DENSO KOBELCO SARD RC F

 スーパーGT公式テストは27日、富士スピードウェイで2日目午後のセッションが行われ、DENSO KOBELCO SARD RC Fがベストタイムをマークした。

 2日間に渡る公式テストもこれが最終セッション。午後は13時30分から岡山公式テストに続きセーフティカー練習が行われ、そのまま午後のセッションがスタートしていったが、14時ジャストに、この走行一度目の赤旗が提示されてしまう。100RでGT300クラスのSYNTIUM LMcorsa RC F GT3からオイルが漏れストップ。オイル処理のためにやや長い赤旗となった。

 その後、各陣営はロングランをメインとしてセッションが進んでいったが、15時前にはフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rがスロー走行を喫したほか、KeePer TOM’S RC Fがプリウスコーナーでブレーキ周辺から出火。この回収のために一時赤旗が提示されている。

プリウスコーナーでストップしたKeePer TOM'S RC F
プリウスコーナーでストップしたKeePer TOM’S RC F

 最終的にこのセッションでトップタイムをマークしたのはDENSO KOBELCO SARD RC F。2番手にはKEIHIN NSX CONCEPT-GTとなり、ストップしたKeePer TOM’S RC Fが3番手という結果となった。

 GT300クラスでは、好調B-MAX NDDP GT-Rがこのセッションも最速。午前の走行でデフ関連のトラブルがあったHitotsuyama Audi R8 LMSが修復成って2番手。3番手には今日富士に運び込まれ、元気に走行したVivaC 86 MCという結果となった。

Hitotsuyama Audi R8 LMS
Hitotsuyama Audi R8 LMS

VivaC 86 MC
VivaC 86 MC

 この走行で、開幕前のスーパーGTの公式テストはすべて終了。あとは4月9日〜10日の開幕戦を待つばかりとなる。


おすすめの記事

News Ranking

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

26日(Fri)

JRC 第6戦モントレーinつま恋

27日(Sat)

Japanese FIA-F4第11戦 鈴鹿サーキット

JRC 第6戦モントレーinつま恋

28日(Sun)

F1 第13戦ベルギーGP

スーパーGT 第6戦鈴鹿サーキット

Japanese FIA-F4第12戦 鈴鹿サーキット

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第4戦ブダペスト(スプリント)

JRC 第6戦モントレーinつま恋

LMS ELMS第4戦ポールリカール

ALMS WSCC第10戦バージニア

TCRインターナショナル第8戦チャン・インターナショナル・サーキット

29日(Mon)

30日(Tue)

31日(Wed)

1日(Thu)