スーパーGTニュース

2017.01.13

スバル、17年のスーパーGT参戦体制発表。BRZ駆動方式を”スバル独自のもの”に変更へ


2017年もスバルBRZ GT300をドライブする山内英輝(左)と井口卓人(右)

 スバル/STIは13日、千葉県・幕張メッセで開幕した東京オートサロン2017のなかで2017年シーズンのモータースポーツ活動体制を発表した。スーパーGT300クラスでは昨年に引き続きスバルBRZを投入するが、駆動方式の刷新を示唆した。

 12年からGT300クラスにBRZを投入しているスバル。昨年は井口卓人/山内英輝というふたりを起用したほか、装着するダンロップタイヤのフロントサイズ径を拡大して臨んだ。

 そんな16年シーズンは第4戦SUGO、第5戦富士で3位表彰台、第6戦鈴鹿1000kmで優勝を飾ったものの、ノーポイントに終わったレースも多く、ランキング6位と苦しんだ。

 17年シーズンは体勢に変更はなく、引き続きR&D SPORTとタッグを組んでスバルBRZ GT300を投入。引き続き、辰己英治STIチーム総監督の指揮下で井口/山内のコンビがタイトル獲得に挑む。タイヤも3年連続でダンロップを装着する。

スバルは2017年もBRZでスーパーGT300クラスに挑む
スバルは2017年もBRZでスーパーGT300クラスに挑む

 なお、マシンに関してはウィークポイントとなっていたストレートスピードの向上を念頭に、搭載する2リッター水平対向ターボエンジンの熱効率、出力効率の改善が図られているほか、軽量化、空力性能の改善、慣性モーメントの改良などを施しているという。

 また、会見に登場した富士重工業株式会社/スバルテクニカインターナショナル株式会社の平川良夫社長は「この場では詳しくは申し上げられない」と前置きした上で、「スバルが持つ独自の駆動システムを新たに、このクルマ(BRZ GT300)に投入します」とコメント。これまでの後輪駆動から駆動方式を変更して挑むと明かした。

 スバル独自の駆動方式と言えば、『シンメトリカルAWD』といった四輪駆動方式が思い浮かぶが、これがBRZ GT300に投入されることになるのか、気になるところだ。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

D'stationフレッシュエンジェルズ/2017SGT
小越しほみ(おごししほみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)

25日(Fri)

26日(Sat)

インディカー・シリーズ 第15戦ゲートウェイ

Japanese FIA-F4 第11戦鈴鹿サーキット