スーパーGTニュース

2017.02.02

トムス、2台のGT500参戦体制を発表。レッドブルは37号車をサポート


スーパーGT | トムス、2台のGT500参戦体制を発表。レッドブルは37号車をサポート

 トヨタ自動車は2月2日、東京・お台場のMEGA WEBで『2017 TOYOTA GAZOO Racing プレスカンファレンス』を開催し、トヨタ/レクサスの17年モータースポーツ活動について発表したが、これにあわせてスーパーGT500クラスに参戦するトムスは、36号車/37号車の体制について発表した。

 スーパーGT屈指の強豪であるトムスは、2017年もGT500クラスに2台のレクサスLC500をエントリーすることになった。36号車は『LEXUS TEAM au TOM’S』というチーム名となり、2016年に続いて通信大手のKDDIがauブランドでサポート。車名はau TOM’S LC500となる。

 ドライバーには、ひさびさのスーパーGT参戦となる中嶋一貴が加入。16年まで37号車をドライブしていたジェームス・ロシターとコンビを組むことになった。一方、36号車をドライブしていた伊藤大輔は新たに監督という立場に就任。一貴がWECに出場する第2戦のみコクピットに戻る。

 一方、37号車は『LEXUS TEAM KeePer TOM’S』というチーム名で、レッドブルアスリートとなった平川亮と、ニック・キャシディという合計年齢43歳という若いコンビがドライブすることになった。また、チームはカーコーティングのKeePerのサポートに加え、2月1日に予告があったとおりエナジードリンクの世界的ブランド、レッドブルのサポートを受けることになった。車名はKeePer TOM’S LC500となっている。

 チームでは「KeePerのカーコーティングが実現するキレイなマシン、レッドブルエナジードリンクから『翼をさずかった』ことによりさらに強力になり、念願のシリーズチャンピオン獲得に向け大きくはばたきます」としている。

 カラーリングはまだ発表されていないが、新たな体制となった両車の活躍とともに大いに気になるところだ。

LEXUS TEAM au TOM’S 参戦体制

カーナンバー:36
ドライバー:中嶋一貴/ジェームス・ロシター
監督:伊藤大輔
車両名称:au TOM’S LC500

LEXUS TEAM KeePer TOM’S 参戦体制

カーナンバー:37
ドライバー:平川亮/ニック・キャシディ
監督:関谷正徳
車両名称:KeePer TOM’S LC500

2016年までのKeePer TOM'S RC F。2017年はレッドブルのサポートでどんなカラーリングになるだろうか?
2016年までのKeePer TOM’S RC F。2017年はレッドブルのサポートでどんなカラーリングになるだろうか?


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング