スーパーGTニュース

2017.02.17

ニッサン/ニスモ、17年のGT3活動概要を発表。千代がブランパンに再挑戦


 日産自動車とニスモは2月17日、2017年のモータースポーツ活動計画について発表し、ニッサンGT-RニスモGT3を使ったグローバルモータースポーツ活動について発表した。

 ニッサンGT-RニスモGT3は、世界中で活況を呈しているFIA-GT3規定用のレーシングカーで、2012年からマーケットに投入され、15年には世界各国のレースで多くの勝利やチャンピオンを獲得した。ニスモでは、2017年も継続してカスタマーサポートや車両供給、技術支援を行う。

 スーパーGT300クラスでは、若手ドライバーの育成に主眼をおいたNDDP Racingとして参戦。3号車のニッサンGT-RニスモGT3は、長谷見昌弘監督の下、星野一樹/高星明誠というコンビでB-MAX NDDP GT-Rという車名で参戦する。タイヤはヨコハマだ。

B-MAX NDDP GT-Rの2017年仕様カラーリング
B-MAX NDDP GT-Rの2017年仕様カラーリング

 一方、スーパー耐久では2016年にチャンピオンを獲得したKONDO Racingのスリーボンド日産自動車大学校GT-Rが継続参戦。連覇を目指す。今季はゼッケン1番をつけ、近藤真彦監督の下で藤井誠暢の参戦が決定。残りのドライバーは今後アナウンスされるという。

 また、ヨーロッパで最大規模を誇るブランパンGTシリーズにも、エンデュアランスカップにRJNから1台が参戦することになった。『Team RJN NISSAN』というチーム名で参戦する車両には、アレックス・バンコム、ルーカス・オルドネスというおなじみのメンバーに加え、GT500クラスにも参戦する千代勝正が復帰することになった。今季はスーパーGTとブランパンGT・エンデュアランスカップの日程が重なっておらず、参戦が実現したと言えるだろう。


関連のニュース

スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM TOYO TIRES DRIFT GALS/2018D1GP
泉えな(いずみえな)

Photo Ranking

フォトランキング