スーパーGTニュース

2017.02.26

谷口信輝、筑波のGTカーのレコードを更新。14年前のGT500のタイムをブレイク


 2月26日、筑波サーキットで『モーターファンミーティング in 筑波』が開催されたが、このなかで行われた初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭で、谷口信輝がグッドスマイル 初音ミク AMGを駆りタイムアタックを展開。51秒496というタイムをマークした。

 この日の初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭のなかで、目玉のひとつでもあった今回のグッドスマイル 初音ミク AMGのタイムアタックイベント。筑波サーキット・コース2000は“タイムアタックの聖地”とも呼べるコースで、筑波でどんなタイムを出すかでそのパフォーマンスを計ることができる。12月には、小林可夢偉がスーパーフォーミュラSF14・トヨタで参考記録とはなるが43秒304を記録し、そのすごさをみせつけている。

 そんな筑波のGTカーのコースレコードは、GT500車両の参考記録では、2003年にビデオの収録で土屋圭市がARTA NSXでアタックした51秒875がレコードだった。GT300では、谷口がBMW Z4で15年に記録した52秒340がレコードだ。

 近年、GT300クラス車両のパフォーマンスは「ひと昔前のGT500なみ」と言われることが多いが、最新のGT3カーで、ARTA NSXのタイムにどれほど迫れるか……? というのが今回の企画の趣旨だった。

 しかし、そんな土屋のタイムは、この日のイベントの朝の慣熟走行で、気温が低いうちに早くも破られる。谷口は51秒8を記録し、いきなり14年前のGT500のタイムを破ってしまう。13時15分からの走行では、これをさらに破れるかに注目が集まった。

 谷口はユーズドタイヤでまず一度アタックすると、ニュータイヤを投入し、アタックを実施。そしてついに、51秒496までタイムを縮めてみせた。イベント前までは「タイム出るかな?」とやや緊張気味だった谷口も、ホッとした表情を浮かべていた。

 チームの河野高男エンジニアによれば、「朝のうちでコンディションが良ければ、50秒台は出る」とのこと。今のGT500でどんなタイムが出るかも気になるところだが、時代の移り変わりと技術の進歩を痛感させた。

アタックを担当した谷口信輝
アタックを担当した谷口信輝
グッドスマイル 初音ミク AMGの51秒496がタワーに表示された。
グッドスマイル 初音ミク AMGの51秒496がタワーに表示された。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

ドリフトエンジェルス/2017SGT
安田七奈(やすだなな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Tue)

16日(Wed)

17日(Thu)

18日(Fri)

WRC 第10戦ドイツ

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)