スーパーGTニュース

2017.03.04

“夏の鈴鹿”が2018年からGT3の10時間耐久レースに! SGTの鈴鹿戦は別日程に変更


記者発表会で握手をかわすモビリティランド山下社長とSROモータースポーツグループ代表のステファン・ラテル

 鈴鹿サーキットは3月4日、鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デー開催中に記者発表会を行い、SROモータースポーツグループ、GTアソシエイションとともに、2018年から8月の最終週に、『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース(仮称)』という10時間レースを開催すると発表した。

 夏の風物詩と言えた鈴鹿1000kmが、2018年から大きな変貌を遂げることになった。1966年からスタートした伝統の耐久レースだった鈴鹿1000kmは、過去にBPR GTやFIA GTの一戦として開催された後、2006年からスーパーGTの一戦として行われてきたが、2018年からSRO、GTAとともに、「これまでの鈴鹿1000kmのコンセプトを継承した」新たなイベントを開催することになった。

■目指すはGTカーの世界統一戦

 イベント名称は、『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース(仮称)』。第47回となっているのは、2017年までの鈴鹿1000kmの開催数を引き継ぐ数字だ。決勝は日曜の10時30分にスタートし、20時30分にチェッカーを受けるスケジュール。鈴鹿は周辺に住宅地もあり、周囲に配慮した時間設定となっている。

 記者会見に出席した山下晋モビリティランド社長いわく、このイベントは「世界中のGT3/GT300マシンが一堂に会し、世界一を決める夢のレース」となる。参戦可能カテゴリーは、ヨーロッパのブランパンGTやアメリカのIMSA GTD、ピレリワールドチャレンジ等世界中で活用されるFIA-GT3カー、そしてGTAとの協力により、JAF-GTを含むGT300車両、そしてスーパー耐久ST-X車両等が予定される。

 そして、世界中から多くのエントラントを集めるために、国内レースとしては破格とも言える総額1億円もの賞金が設定されている。この内訳は今後検討されることになるが、「良い成績を収めたチームが多く獲得できるようにしたい」と山下社長は語る。

第69回スパ24時間のスタートシーン
第69回スパ24時間のスタートシーン
セパン12時間のスタートシーン。ポルシェ勢、マクラーレン、フェラーリが横並びに。
セパン12時間のスタートシーン。ポルシェ勢、マクラーレン、フェラーリが横並びに。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

ドリフトエンジェルス/2017SGT
村上麻莉奈(むらかみまりな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

21日(Wed)

22日(Thu)

23日(Fri)

24日(Sat)

フォーミュラV8 3.5 第5戦 アラゴン

EWC 世界耐久選手権 第4戦スロバキアリング8時間耐久レース(スロバキア)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第5戦鈴鹿

全日本F3 鈴鹿サーキット

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第3戦ポール・リカール

25日(Sun)

F2 第4戦アゼルバイジャン

第95回パイクスピーク・ヒルクライム

ブランパンGTシリーズ・アジア 第6戦鈴鹿

インディカー・シリーズ 第10戦ロード・アメリカ

全日本F3 鈴鹿サーキット

MotoGP 第8戦オランダGP

WTCC 第5戦ポルトガル(ビジャレアル)

F1 第8戦アゼルバイジャンGP

26日(Mon)

27日(Tue)