スーパーGTニュース

2017.03.04

“夏の鈴鹿”が2018年からGT3の10時間耐久レースに! SGTの鈴鹿戦は別日程に変更


 鈴鹿サーキットは3月4日、鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デー開催中に記者発表会を行い、SROモータースポーツグループ、GTアソシエイションとともに、2018年から8月の最終週に、『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース(仮称)』という10時間レースを開催すると発表した。

 夏の風物詩と言えた鈴鹿1000kmが、2018年から大きな変貌を遂げることになった。1966年からスタートした伝統の耐久レースだった鈴鹿1000kmは、過去にBPR GTやFIA GTの一戦として開催された後、2006年からスーパーGTの一戦として行われてきたが、2018年からSRO、GTAとともに、「これまでの鈴鹿1000kmのコンセプトを継承した」新たなイベントを開催することになった。

■目指すはGTカーの世界統一戦

 イベント名称は、『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース(仮称)』。第47回となっているのは、2017年までの鈴鹿1000kmの開催数を引き継ぐ数字だ。決勝は日曜の10時30分にスタートし、20時30分にチェッカーを受けるスケジュール。鈴鹿は周辺に住宅地もあり、周囲に配慮した時間設定となっている。

 記者会見に出席した山下晋モビリティランド社長いわく、このイベントは「世界中のGT3/GT300マシンが一堂に会し、世界一を決める夢のレース」となる。参戦可能カテゴリーは、ヨーロッパのブランパンGTやアメリカのIMSA GTD、ピレリワールドチャレンジ等世界中で活用されるFIA-GT3カー、そしてGTAとの協力により、JAF-GTを含むGT300車両、そしてスーパー耐久ST-X車両等が予定される。

 そして、世界中から多くのエントラントを集めるために、国内レースとしては破格とも言える総額1億円もの賞金が設定されている。この内訳は今後検討されることになるが、「良い成績を収めたチームが多く獲得できるようにしたい」と山下社長は語る。

第69回スパ24時間のスタートシーン
第69回スパ24時間のスタートシーン
セパン12時間のスタートシーン。ポルシェ勢、マクラーレン、フェラーリが横並びに。
セパン12時間のスタートシーン。ポルシェ勢、マクラーレン、フェラーリが横並びに。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ/2017SGT
竹本ちえ(たけもとちえ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

11日(Mon)

12日(Tue)

13日(Wed)

14日(Thu)

15日(Fri)

16日(Sat)

17日(Sun)