レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

MotoGP ニュース

投稿日: 2024.02.22 06:22

ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


MotoGP | ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売

 ショウエイは、フルフェイスヘルメットの新グラフィックモデル『GT-Air3 REALM(レルム)』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE(ヘイワモーターサイクル)』を2024年5月から発売する。
 

GT-Air3 REALM(レルム)

 『GT-Air3』は、あらゆるシーンで高い性能と快適性を発揮する、プレミアムツーリングフルフェイスの最新作。自社大型風洞設備での研究によって生まれた、走行時の安定性に寄与する頭頂部のデザインをもち、従来モデルと比較して、ヘルメットが上方へ浮き上がろうとするリフトが11%、前方から押し付けられるドラッグが6.5%低減している(100km/h相当、自社大型風洞設備での参考数値)。
 
 また、換気効率を徹底的に追求し、新設計のベンチレーションシステムを採用。その結果、従来モデルに比べ流入量が約1.2倍、排出量が約1.8倍に増加しているという。ほかにも、帽体との密着度と剛性を高めたセンターロック式シールドや、『GT-Air』シリーズのアイコンとも言える、日差しの眩しさを抑えるインナーサンバイザーを備えている。あらゆる天候や速度域で快適性を発揮する装備は、まさに“プレミアムツーリングフルフェイス”といえる仕上がりだ。
 
 そして今回、人気シリーズの最新作ヘルメットに新グラフィック『レルム』が追加され、これはソリッドカラーしか発表されていなかった『GT-Air3』にとって、最初のグラフィックモデルとなる。
 
 『GT-Air3レルム』のカラー展開は、TC-1(RED/BLACK)、TC-5(BLACK/WHITE)、TC-10(WHITE/BLUE)の3種類。適度なスポーティーさのブロックデザインと、境界線に配されたアクセントカラーのラインがすっきりとした印象を与えるグラフィックで、3色ともにどんなバイクや服装にも合わせやすいカラーリングとなっている。
 
 グラフィックモデル『GT-Air3レルム』は、ソリッドカラーモデル発売から1か月遅れの2024年5月から発売を予定している。サイズはS(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)を揃え、価格は8万300円(税込)だ。

GT-Air3 REALM TC-1(RED/BLACK)
GT-Air3 REALM TC-1(RED/BLACK)
GT-Air3 REALM TC-5(BLACK/WHITE)
GT-Air3 REALM TC-5(BLACK/WHITE)
GT-Air3 REALM TC-10(WHITE/BLUE)後側
GT-Air3 REALM TC-10(WHITE/BLUE)後側
GT-Air3 REALM TC-10(WHITE/BLUE)上側
GT-Air3 REALM TC-10(WHITE/BLUE)上側

 

Glamster HEIWA MOTORCYCLE(ヘイワモーターサイクル)

 『Glamster』は、丸い帽体のクラシカルなデザインに現代の技術を掛け合わせたネオクラシックフルフェイス。スムーズな操作性と高い密着度を実現したシールド、上下2カ所のエアインテーク、緊急用ヘルメット取り外しシステム『E.Q.R.S.』など、レトロな外観や軽量コンパクトな設計でありながら、使い勝手や安全性はしっかり担保されている。また、開口部が大きく、広い視界が確保しやすいことも特徴だ。
 
 そんな『Glamster』に今回追加されるのが新グラフィック『ヘイワモーターサイクル』だ。こちらは広島県のカスタムショップ『平和モーターサイクル』とのコラボレーション商品。オーナーの木村健吾氏は、横浜ホットロッドカスタムショーでBest Motorcycle Europeを7回受賞。

 2016年と2017年度では『BEST OF SHOW MOTORCYCLE』の2連覇を達成するなど、国内外から高く評価されるカスタムビルダーだ。現在ではバイク業界にとどまらず、スイスの高級ブランド時計メーカー『ブライトリング』やアメリカのワークウェアブランド『ディッキーズ』のアンバサダーとしても活躍している。
 
 『Glamsterヘイワモーターサイクル』は、濃いグリーンをベースカラーとしたグラフィックモデルだ。ホットロッドの世界で有名なビルダーとのコラボレーションモデルとあって、各所に稲妻が散りばめられるクールで刺激的なデザインとなっている。また、前方の『SHOEI』の書体は『Glamster』標準モデルのレトロ調仕様ではなく、現行ロゴよりも前の時代に使われていた、いわゆる“旧ロゴ”と呼ばれるもので、細部までこだわったモデルだとわかる。
 
 そんなデザイナーの思いが詰まった『Glamsterヘイワモーターサイクル』は、S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)の5サイズが用意され、カラーは1色のみ。価格は6万6000円(税込)で、2024年5月から発売予定だ。なお、2024年9月末までの受注期間限定モデルとなる。

Glamster HEIWA MOTORCYCLE
Glamster HEIWA MOTORCYCLE
Glamster HEIWA MOTORCYCLE 右側
Glamster HEIWA MOTORCYCLE 右側
Glamster HEIWA MOTORCYCLE 後側
Glamster HEIWA MOTORCYCLE 後側
Glamster HEIWA MOTORCYCLE 上側
Glamster HEIWA MOTORCYCLE 上側


関連のニュース