MotoGP ニュース

投稿日: 2017.06.08 19:03

MotoGP:カル・クラッチロー、バルセロナのシケインに対する批判に釈然とせず


MotoGP | MotoGP:カル・クラッチロー、バルセロナのシケインに対する批判に釈然とせず

 LCRホンダのカル・クラッチローは今週末のカタルーニャGPを前に、なぜ他のライダーたちがバルセロナのコースレイアウトの変更について不満を言っているのか理解できないと語っている。

 2016年のカタルーニャGPは、金曜日のフリー走行中にMoto2ライダーのルイス・サロムが事故で死亡したため、F1のコースレイアウトを使用し、サロムが転倒した12コーナーを使わずに迂回するコースで行われた。

 現在はF1コースの14コーナーと15コーナーの前にMotoGP専用のシケインが設けられ、ライダーたちは先月のテストで試走した。

 ドゥカティのホルヘ・ロレンソは新たなシケインはホンダにとって有利に感じたと語ったが、クラッチローはその言葉に戸惑ったという。

「皆が新しいシケインについて文句を言っているけど、そうすることを選んだのは僕たちだ。選んだことに文句をいうことはできないよ」とクラッチロー。

「(2016年に)F1のコースを周ることを選んだのは確かだ。なぜならその方が安全だったからだ。そのあとで壁が高すぎるから使い続けることはできないと言われ、『わかった、じゃあこうしてくれ』と頼んだんだ」

「運営側はそうしてくれたのに、今になって皆不満を言っている。結局、僕たちにできることは何もないんだよ」

 クラッチローは、ロレンソがホンダにとって有利になるコース変更だと考えていることについて次のように語った。

「ロレンソは自分の助けにならないものは全部他の人たちを有利にしていると思っている」

「テストでは調子が良さそうだったのに」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
兎咲香(とざき かおり)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング