MotoGP ニュース

投稿日: 2017.10.25 19:38
更新日: 2017.10.26 02:57

ヤマハ、東京モーターショーでロッシvsモトボットのエピソード3を公開。大型三輪バイクなども世界初披露


MotoGP | ヤマハ、東京モーターショーでロッシvsモトボットのエピソード3を公開。大型三輪バイクなども世界初披露

 ヤマハは10月25日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した『第45回東京モーターショー』に出展。大型リーニング・マルチ・ホイール(LMW)『NIKEN(ナイケン)』や四輪車両の『CROSS HUB CONCEPT(クロス・ハブ・コンセプト)』、自律ライディングロボット『MOTOBOT Ver.2(モトボット・バージョン2)』などを世界初公開した。

ヤマハ NIKEN(ナイケン)
ヤマハ NIKEN(ナイケン)

ヤマハ NIKEN(ナイケン)
ヤマハ NIKEN(ナイケン)

 二輪の展示モデルでは旋回時に高い安定感を生み出すLMWを搭載した大型モデル『ナイケン』がお披露目された。『ナイケン』には大型の水冷直列3気筒エンジンが搭載される予定で、2018年に投入されるようだ。排気量の発表についてはここではされなかった。

ヤマハの四輪SUVコンセプト「CROSS HUB CONCEPT(クロス・ハブ・コンセプト)」
ヤマハの四輪SUVコンセプト「CROSS HUB CONCEPT(クロス・ハブ・コンセプト)」
ヤマハの四輪SUVコンセプト「CROSS HUB CONCEPT(クロス・ハブ・コンセプト)」
ヤマハの四輪SUVコンセプト「CROSS HUB CONCEPT(クロス・ハブ・コンセプト)」

 四輪ではSUVコンセプトモデル『クロス・ハブ・コンセプト』を発表。このコンセプトモデルはシートをダイヤモンド型の配置とし、リヤにはモーターサイクル2台を積載することができる。

ヤマハ 自律ライディングロボットMOTOBOT Ver.2(モトボット・バージョン2)
ヤマハ 自律ライディングロボットMOTOBOT Ver.2(モトボット・バージョン2)
ヤマハ 自律ライディングロボットMOTOBOT Ver.2(モトボット・バージョン2)
ヤマハ 自律ライディングロボットMOTOBOT Ver.2(モトボット・バージョン2)

 また、2015年の東京モーターショーでロードレース世界選手権MotoGPに参戦するバレンティーノ・ロッシに挑戦状を出し話題となったモトボットのバージョン2も展示。会場ではモトボットのエピソード3が公開された。

 エピソード3では、バレンティーノ・ロッシがテストコースで記録した1分25秒740にモトボットが挑むというもの。モトボットは2017年の目標点である「200km/h以上でのサーキット走行」を実現したが、記録したタイムは1分57秒504とロッシには及ばなかった。

ヤマハ MOTOROiD(モトロイド)
ヤマハ MOTOROiD(モトロイド)
声に反応して自走するMOTOROiD(モトロイド)
声に反応して自走するMOTOROiD(モトロイド)
ヤマハ MWC-4
ヤマハ MWC-4
ヤマハ XSR700 ABS
ヤマハ XSR700 ABS
ヤマハ Star Venture(スターベンチャー)
ヤマハ Star Venture(スターベンチャー)

 そのほか、知能化技術を用いた『MOTOROiD(モトロイド)』や、LMW機構を備えたフロント2輪の小型電動たちノリモビリティ『TRITOWN(トリタウン)』、前後2輪の4輪LMWを搭載したモビリティ『MWC-4』も世界初披露。市販モデルでは、クルーザーモデルの『Star Venture(スターベンチャー)』やロードスポーツモデルの『XSR700 ABS』などが展示されている。


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング