MotoGP ニュース

2018.02.20

10年ぶり復活のホンダワークス、チームHRC。2018年は「憎たらしいぐらい強いHRC復活に向けた序章」と宇川監督


MotoGP | 10年ぶり復活のホンダワークス、チームHRC。2018年は「憎たらしいぐらい強いHRC復活に向けた序章」と宇川監督

 ホンダのワークスチーム、チームHRCの指揮を執る宇川徹監督に、10年ぶりにワークス体制で挑む全日本ロードレース選手権JSB1000クラスと鈴鹿8時間耐久ロードレースへの意気込みとチームの準備状況、エースライダーの高橋巧について聞いた。

 ホンダがワークスチームとして全日本最高峰クラス、そして鈴鹿8耐に参戦するのは2008年以来10年ぶり。宇川監督は「ワークス復活というのはすごく嬉しいことです」と次のように語った。

「自分が幼少期にチームHRCへ憧れていたように、これから出てくる若者が憧れるチームが出てきたというのはすごくいい。やっぱりワークスチームがあるとライダーもワークスチームに入ろうと努力するというのもありますからね」

「レースを見るお客さんとしても、自分の好きなメーカーがワークス(チームを持っている)というのはとても重要だと思います。全日本(ロードレース)も4メーカーが大きくかかわってるので、(チームHRC復活は)いい方向じゃないかなと思います」

 ホンダのワークス復活の知らせは2017年12月中旬ごろに届いた。そこから現在までどのくらい準備が整っているのだろうか。

「(チーム復活が2017年の)12月に決まり始動したばかりで、開幕戦に向けて準備を進めているところです」と宇川監督。

「僕も監督就任を言いわたされたのが12月くらいなので、いまはチームの準備をするのに1番忙しい時ですね」

 チームのエースライダーとなる高橋について「(高橋は)おっとり系なんでね。ですが、内に秘めたる闘志みたいなものを感じますよ」と印象を明かす。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
鈴木ちひろ(すずきちひろ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング