MotoGP ニュース

投稿日: 2018.02.25 20:42
更新日: 2018.02.26 14:35

SBK開幕戦レース2:ドゥカティ メランドリ、0.021秒差の勝利。タイヤ交換が生んだ名勝負


MotoGP | SBK開幕戦レース2:ドゥカティ メランドリ、0.021秒差の勝利。タイヤ交換が生んだ名勝負

 2月25日、スーパーバイク世界選手権(SBK)第1戦オーストラリアラウンド決勝レース2が、フィリップアイランド・サーキットで行われ、マルコ・メランドリ(Aruba.it(アルバ.イット)レーシング-ドゥカティ)が決勝レース1に続き優勝。開幕戦ダブルウインを達成した。

 レース2では、土曜日に行われたレース1でタイヤライフに問題が発生したことにより、フラッグ・トゥ・フラッグが導入。これはフィリップアイランドがタイヤに厳しいコースゆえに発生した問題で、SBKはマシンが1台体制のためマシン乗り換えではななくタイヤ交換しなければならない。ライダーは22周のレースのなかの10周目から12周目までのいずれかのタイミングでピットインし、タイヤ交換を行うこととなった。

 グリッドはレース1の結果が反映され、ポールポジションにはチャビ・フォレズ(バーニーレーシングチーム)、2番手にはジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)、3番手にはアレックス・ロウズ(パタ・ヤマハ・オフィシャル・ワールドSBKチーム)の3人がフロントロウ。

 決勝レース1で優勝を飾ったメランドリは9番手、2位表彰台のトム・サイクス(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)は8番手、チャズ・デイビス(Aruba.it(アルバ.イット)レーシング-ドゥカティ)が7番手に並んだ。

 レース2でホールショットを奪ったのは、レース1でリヤタイヤに問題が発生したため表彰台を逃したレイ。しかし、すぐさま5番手スタートのユージン・ラバティ(ミルウォーキー・アプリリア)がレイからトップを奪取しあっという間にレイ以下に対して差をつけ、オープニングラップですでに約1.1秒ものアドバンテージを築く。

 そのラバティは3周目、6コーナーでクラッシュ。再スタートはしたものの、トップ争いからは脱落してしまう。代わってトップに浮上したのはデイビスで、フォレズ、レイ、マイケル・ファン・デル・マーク(パタ・ヤマハ・オフィシャル・ワールドSBKチーム)、メランドリ、レオン・キャミア(レッドブル・ホンダ・ワールド・スーパーバイクチーム)、サイクスらが隊列を組んだまま周回を重ねる。

 スタートで履いていたタイヤは最高でも12周までで交換しなければならず、タイヤの持ちを22周分考えなくてよいこともあり、序盤から各コーナーで激しいポジション争いが繰り広げられた。

 そして迎えた10周目、トップ集団で最初に動いたのはフォレズ、レイ、ファン・デル・マーク。その翌周にはデイビス、メランドリ、ロウズ、サイクス、キャミアがピットインしてタイヤ交換を行う。このとき、再びコースインしたデイビスがトップを奪還。レース後半戦をリードするかに思われた。

 しかしピットアウト1周目となる13周目、そのデイビスが10コーナーでスリップダウン。リタイアを喫してしまう。デイビスの転倒により再びトップに立ったのはフォレズ。しかし、ここからディフェンディングチャンピオンのレイ、そしてレース1で優勝し勢いに乗るメランドリによる手に汗握る戦いが幕を開けた。

 残り8周、メランドリが1分30秒848のサーキットレコードを叩き出してトップ集団のフォレズ、レイ、サイクスに迫る。さらに残り6周目には、ホームストレートで一気に加速すると1コーナーで深く激しいブレーキングを見せ、サイクスを交わして3番手に浮上。前を行くフォレズとレイを猛追する。

 2番手のレイは残り4周で1コーナーのブレーキングでトップのフォレズを抜きにかかるも、ここではフォレズが再びトップを奪還。しかしレイはその翌周、再び1コーナーのブレーキングでフォレズに勝負。1コーナーで先行し前周でフォレズに抜き返されたラインをしっかりと締めると、ついにレイがトップに立った。

 さらに4コーナーでラインを外したフォレズをメランドリが交わし2番手に浮上。トップのレイと2番手メランドリの差は0.151秒という僅差でラストラップを迎えた。

 ラストラップ、メランドリが今大会で何度もオーバーテイクを見せてきてたホームストレートの加速でレイの前に出る。しかしレイはトップを1コーナーで奪還。メランドリはコーナーごとにレイのインをねらう様子を見せるも、レイは隙を見せない。


本日のレースクイーン

KT Honey
小嶋みやび(こじまみやび)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング