MotoGPニュース

2018.05.31

マン島TTレースで地元出身ライダー、ダン・ニーンが予選中の事故で亡くなる


ダン・ニーン/Tyco BMW

 マン島で行われている世界最古の二輪車レース、マン島TTレースに参戦するダン・ニーン(Tyco BMW)が、予選中のクラッシュにより亡くなった。30歳だった。

 ニーンはマン島出身のライダーで、2017年のマン島TTではスーパーストッククラスで3位表彰台を獲得。この表彰台はニーンにとってマン島TTでの初表彰台だった。2018年はBMW S1000RRを駆って出場していた。

 レースを主催するACUイベントの発表によると、ニーンは予選セッション最初の周回中にチャーチタウンでクラッシュしたという。

 ACUイベントは「ダン・ニーンがマン島で行われたスーパーバイク予選で怪我を負った後、夜に亡くなったことを確認し、残念に思っている。ダンのパートナーであるリアン、彼の家族、そして彼の多くの友人たち、ロードレース全体に対し、深い哀悼の意を表する」とコメントした。

 Tyco BMWのチームマネージャー、フィリップ・ニールもニーンが亡くなったことについて「正直、私たちはみんな麻痺している。ダンはTyco BMWに馴染んでいた」と次のように語っている。

「去年の結果が示すように、彼はTTサーキットで最高のラップタイムを決め、今年の優勝候補であることを証明した」

「私たちは(ニーンが亡くなった)今夜、レースについてではなく、ダンの家族や友人について考えた。彼はレースを愛していたし、人気のある若者だった」