MotoGP ニュース

2018.06.11

マン島TTでマイケル・ダンロップが3勝。BMWが3クラス制覇しレコードは全クラス更新


MotoGP | マン島TTでマイケル・ダンロップが3勝。BMWが3クラス制覇しレコードは全クラス更新

 6月2~8日、イギリス領のマン島でオートバイレースのマン島TTレース決勝が行われ、スーパーバイククラスはマイケル・ダンロップ(Tyco BMW)が優勝を飾った。TT Zeroクラスはマイケル・ルター(TEAM MUGEN)が優勝し無限が5連覇を達成している。また、日本人ライダーとして唯一のエントラントであった山中正之(Challenge YAMANAKA with NAKA)は、スーパースポーツクラスのレース1を56位で完走、レース2をリタイアで終えている。

 マン島TTは、1907年から同島の一般公道を舞台に行われている競技。1周60.73kmの通称マウンテン・コースをタイムトライアル形式で競い合う。2018年大会は7クラス9レース、5月26日~6月1日にフリー走行と予選が行われ、6月2~8日に決勝が開催された。

 クラスは気筒数などにより細かく分かれているが、大きく分類すると、最高峰が1000ccのスーパーバイク、1000ccで改造範囲が制限されるスーパーストックの2クラス。中量級は600cc4気筒、675cc3気筒などのスーパースポーツ、2気筒650ccのライトウェイトの2クラスだ。

2018マン島TT サイドカー バーチャル兄弟
2018マン島TT サイドカー バーチャル兄弟

 他に600ccでサイドカー付き、ライダーとパッセンジャーのふたりが1台のマシンを走らせるサイドカー、二酸化炭素を一切排出しないゼロエミッションカテゴリーで、主に電動バイクが参戦するTT Zero、スーパーバイククラスの予選通過者のみ参加可能な、最終日の大トリ、シニアクラスの計7クラスが存在する。

 このうちサイドカークラスとスーパースポーツクラスは2レース制が実施され、合計9レースが行われる。そのため2週間と長期間で開催されるが毎日走行枠が設けられているわけではないため、1周60.73km、200以上のコーナーがあるコースを習熟するのは至難の業だ。

 また、ひとりのライダーが複数のカテゴリーからエントリーすることも可能で、排気量やメーカーの枠を越え走行する姿が見られるのも特徴のひとつとなっている。

 決勝は最初のライダーがスタートしてからインターバルを10秒はさみ、次のライダーがスタートするタイムトライアル形式。しかしわずか10秒のインターバルで次々に走り出すことから単独走行になる場面は少なく、走行中は随所でオーバーテイクも見られる。

2018マン島TT スーパーバイククラス トップ3
2018マン島TT スーパーバイククラス トップ3

 2日に6周で行われたスーパーバイククラスの決勝はダンロップ(Tyco BMW)が1時間44分13秒398で優勝。レースの平均車速は130.324マイル(時速約209キロ)にもなり、2位のコーナー・カミンズ(padgettsmotorcycles.com)に1分以上の差をつけるタイムだった。ベストラップはディーン・ハリソン(Silicone Engineering)が記録した16分50秒384で、平均車速は134.432マイル(約216キロ)。ハリソンはダンロップに続き17分切りを達成したふたりめのライダーとなった。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

docomo team DANDELION RACING Circuit Lady
今村仁美(いまむらひとみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング