MotoGPニュース

2018.07.11

MotoGPドイツGPプレビュー:前半戦ラストレース。優勝候補はザクセンリンク8連勝中のマルケス


2017MotoGP第9戦ドイツGP 決勝

 今週末、ドイツのザクセンリンクでMotoGP第9戦ドイツGPが開催される。全19戦で争われる2018年シーズンも今レースでほぼ折り返し点。ドイツGPが終わると、8月5日に開催される第10戦チェコGPまでサマーブレイクとなる。

 ザクセンリンクは、旧東ドイツのケムニッツという町の近郊にあるサーキット。もともとは1960年代から1970年代にかけて公道レースの東ドイツGPとして開催されていた歴史を持ち、旧東ドイツ時代からレースの盛んな土地柄にあるコースだ。

 現在のザクセンリンクがオープンしたのは1996年で、1998年以降はドイツGPのホストサーキットとして定着している。ザクセンリンクは1周3.671kmとGP開催コースの中で最も全長の短いコースで、右コーナー3、左コーナー10の13コーナーで構成されている。1周のアベレージスピードはMotoGPクラスで160km/h前後の中低速コースで、コース前半はテクニカルな中低速コーナーが連続し、コース後半は中高速コーナーというレイアウトを持つ。また、アップダウンが多く、抜き所が少ないことから、予選グリッドやスタートが決勝レースに向けて重要となるコースだ。

 昨年のMotoGPクラスでは、マルク・マルケス(ホンダ)がポールポジションを獲得。決勝ではマルケスが先行するが、ジョナス・フォルガー(ヤマハ)が序盤にマルケスを交わしてトップに浮上。ダニ・ペドロサ(ホンダ)を加えた3人がトップ争いを展開するが、中盤に差し掛かったころよりマルケスとフォルガーの一騎打ちとなる。ふたりのバトルは終盤まで続いたが、残り3周でフォルガーがラインを外した間にマルケスがギャップを開き、そのままトップでチェッカー。マルケスはザクセンリンクで5年連続ポール・トゥ・ウインを達成。125、Moto2クラス時代を合わせるとザクセンリンクで8連勝を記録した。フォルガーがMotoGPクラス初表彰台となる2位入賞。3位にペドロサが続いた。

 Moto2クラスではフランコ・モルビデリ(カレックス)が優勝、2位にミゲール・オリベイラ(KTM)、3位にフランセスコ・バニャイア(カレックス)が入賞。Moto3クラスではジョアン・ミル(ホンダ)が優勝、2位にロマーノ・フェナティ(ホンダ)、3位にマルコス・ラミレス(KTM)が入賞した。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM VERTEX RQ/2018D1GP
山崎智花(やまさきともか)

Photo Ranking

フォトランキング