MotoGPニュース

2018.07.11

ヤマハファクトリーとカワサキが2分6秒台に突入。総合トップは中須賀/鈴鹿8耐公開合同テスト2日目


初日に続き2日目も総合トップとなるタイムを記録した中須賀克行

 鈴鹿サーキットで行われている鈴鹿8時間耐久ロードレースの公開合同テストは2日目を終え、YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ロウズ/マイケル・ファン・デル・マーク)が2分6秒273でトップタイムをマーク。初日に続き2日目も総合トップで終えた。

 公開合同テスト2日目も初日同様、夏らしい日差しが照りつける厳しい暑さのなか走行が行われた。午前は40分のセッションをA Gr、B Grともに2回ずつ、午後は90分のセッションをA Gr、B Grともに1回ずつ行った。

 2日目も初日と同じくヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが速さを見せた。午前中2回目のセッションでアレックス・ロウズが2分6秒728でトップタイムを記録すると、午後のセッションで中須賀がロウズのタイムを上回る2分6秒273を記録。中須賀のタイムが2日目の総合トップとなる。

 総合2番手には午後のセッションでヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのTカーで2分6秒464を記録したロウズが続き、ヤマハがテスト2日目をワン・ツーで終えた。

ジョナサン・レイ/Kawasaki Team GREEN
ジョナサン・レイ/Kawasaki Team GREEN

 総合3番手はTカーのKawasaki Team GREEN(渡辺一馬/レオン・ハスラム/ジョナサン・レイ)で2分6秒838、総合4番手も2分7秒304でメインカーのカワサキ・チームグリーンがつけた。カワサキ・チームグリーンのふたつのタイムは、両方ともスーパーバイク世界選手権王者のジョナサン・レイが記録したものだ。

 総合5番手には2分7秒500でホンダのワークスチーム、Red Bull Honda with 日本郵便(高橋巧/レオン・キャミア)がつけた。初日2回目のセッションで転倒を喫し、走行を見合わせたキャミアは、2日目は走行せず。高橋巧が2日目すべてのセッションで走行した。

 以下、公開合同テスト2日目のタイム結果。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

raffinee Lady/2018SF
林紗久羅(はやしさくら)

Photo Ranking

フォトランキング