MotoGPニュース

2018.07.12

MotoGP:ロッシ、前半戦ラストのザクセンリンクは「トップ争いに加わるつもりだ」


バレンティーノ・ロッシ/モビスター・ヤマハ・MotoGP

 MotoGP第9戦ドイツGPを前に、モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスが意気込みを語った。

■バレンティーノ・ロッシ(MotoGPクラスランキング2位)

 接戦となったアッセンでは5位に終わり、ランキング2位をキープしているものの、ポイントリーダーのマルク・マルケスとの差が41ポイントに広がってしまったレース。前半戦最後のレースは、その差を少しでも縮めるための戦いとなる。

 ロッシはザクセンリンクでは通算5勝を記録している。MotoGPクラスでは2002年、2005年、2006年、2009年に優勝。昨年は9番グリッドからスタートし5位に入賞している。

「アッセンは信じられないようなレースだったから早くレースがしたい。ザクセンリンクでこれまでのようなレースを繰り返すことができるかどうかは分からないけど、トップ争いに加わるつもりだ」

「去年のドイツGPはいい週末だったので、今週末にポテンシャルを理解することは重要だ。金曜日のフリー走行1回目からレースに向けた準備をしなければならないが、自信はあるよ。フィーリングもいいし、チームも本当にすばらしい」

「ザクセンリンクは短いサマーブレイク前の最後のレースだから、シーズン前半をいい形で終えるためにも、日曜日のレースでは全力をつくしたい」

■マーベリック・ビニャーレス(MotoGPクラスランキング3位)

 オランダGPで今季2回目の表彰台に立ったビニャーレス。ここまでの8戦全戦でコンスタントに上位入賞し、全戦でポイントを獲得、ランキング3位をキープする。

 ザクセンリンクでは優勝経験はないが、125cc時代の2011年とMoto3時代の2013年に3位表彰台に立った経験を持つ。MotoGPクラスでは2015年に11位、2016年に12位、昨年は4位に入賞している。

「ザクセンリンクが楽しみ。マシンの準備はできていると思うし、正しい方向に進んでいると思うので、シーズン前半をいい形で終えることができるだろう。できるだけ多くのポイントを獲得し、チャンピオンシップ争いに止まりたい」

「アッセンではマシンのフィーリングが以前のようによかった。レース序盤に抱えていた問題も解決でき、他のライダーと同じレベルとなった。表彰台に立つことは新鮮な空気を吸うような気分だったし、特別なモチベーションを与えてくれる。常に100%で戦いたい」

「去年のザクセンリンクでは表彰台にあと一歩の4位だった。今年は表彰台に立ちいい方向に進めるように全力をつくしたい」


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

Keihin Blue Navigator/2018SGT
英美里(えみり)

Photo Ranking

フォトランキング