MotoGP ニュース

2018.08.17

鈴鹿8耐で負傷のヤマハ中須賀、怪我の影響残してJSB1000もてぎ戦へ。「決勝までになんとかしたい」


MotoGP | 鈴鹿8耐で負傷のヤマハ中須賀、怪我の影響残してJSB1000もてぎ戦へ。「決勝までになんとかしたい」

 7月26日~29日に行われた鈴鹿8時間耐久ロードレースを終えて、2018年シーズン後半戦を迎える全日本ロードレース選手権のJSB1000クラス。現在ポイントリーダーにつけるYAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行は、チャンピオン奪還へ向けて第6戦もてぎに挑むが、鈴鹿8耐で負った怪我の影響が残るなかでの戦いとなる。

 中須賀は7月28日に行われた鈴鹿8耐のフリー走行中、ペースの遅いマシンに引っかかった際に転倒して負傷。この影響で決勝レースへ出場することができなかった。

 想定外のアクシデントで中須賀を欠くことになったヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームだったが、アレックス・ロウズとマイケル・ファン・デル・マークが中須賀の分をカバーする走りで8時間を戦い抜き優勝。チームと中須賀に鈴鹿8耐4連覇という記録をもたらした。

 そんな鈴鹿8耐を終えて、全日本ロードの最高峰クラスであるJSB1000は、およそ2カ月ぶりのレースを迎える。後半戦緒戦のもてぎを迎えるに当たり、中須賀は次のように話す。

「鈴鹿8耐は悔しい内容となってしまいました。ですが、全日本(ロードレース)では一番重要なチャンピオン奪還(という目標)があるので、後半戦(最初)のもてぎは大事なレースになります。ケガの状況も踏まえ、何とかしたいという気持ちでいます」


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング