MotoGPニュース

2018.10.04

ヤマハ、YZF-R1のDNAを受け継ぐ新型スポーツバイク『YZF-R125』を欧州で発表


2019年モデルのヤマハYZF-R125

 ヤマハは、欧州で新型のスポーツバイク『YZF-R125』を発表した。

 2008年に登場した『YZF-R125』は欧州を中心に人気を博したバイクだ。2014年にモデルチェンジし、倒立フロントフォークが装備され、ホイール、マフラーのデザインも変更して登場した。

2019年モデルのヤマハYZF-R125
2019年モデルのヤマハYZF-R125
2019年モデルのヤマハYZF-R125
2019年モデルのヤマハYZF-R125
2019年モデルのヤマハYZF-R125
2019年モデルのヤマハYZF-R125

 今回発表された2019年モデルの『YZF-R125』はデザインが一新。ヤマハのスーパースポーツフラッグシップモデル、YZF-R1のDNAを受け継いだ外観となった。フロントには薄型2眼LEDヘッドライトや倒立式フロントフォーク、ブレーキレバープロテクターが装備されている。

 リヤには新設計のアルミ製スイングアームが採用され、テール部分はYZF-R1と同じく空力を意識した形状となっている。

フロントには薄型2眼LEDヘッドライトを装備
フロントには薄型2眼LEDヘッドライトを装備
ハンドルバーにはブレーキレバープロテクターが装備されている。
ハンドルバーにはブレーキレバープロテクターが装備されている。
テール部分は空力を意識したデザインとなっている。
テール部分は空力を意識したデザインとなっている。

 搭載する125ccエンジンも新しくなり、低速から高速まで強力な加速とより広いパワー特性を実現しているようだ。最大出力は11.0kW(15馬力)/10,000rpm、最大トルクは11.5Nm(1.16kgm)/8,000rpmを発揮する。また、高効率燃焼を実現するVVA(バリアブル・バルブ・アクション)や、クラッチ操作の荷重軽減、シフトダウン時の後輪ロックを防止するアシスト&スリッパークラッチも備わっている。

2019年型YZF-R125のコクピット
2019年型YZF-R125のコクピット
2019年型YZF-R125のメーターパネル
2019年型YZF-R125のメーターパネル
2019年型YZF-R125のステップ
2019年型YZF-R125のステップ


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY/2018SGT
南真琴(みなみまこと)

Photo Ranking

フォトランキング