MotoGP ニュース

投稿日: 2018.10.12 18:10
更新日: 2018.10.12 18:14

カワサキ、新型ニンジャZX-6Rを10月上旬から導入国で順次発売。日本でも発売予定


MotoGP | カワサキ、新型ニンジャZX-6Rを10月上旬から導入国で順次発売。日本でも発売予定

 川崎重工は10月12日、600ccクラスのスーパースポーツモデル『Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R』をモデルチェンジして発売すると発表。2018年10月上旬から導入国で順次発売する。

『ニンジャZX-6R』は、636cc水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載するカワサキのスーパースポーツモデルだ。シャシーは、ワインディングロードに焦点をあてたセッティングとなっているが、サーキットや高速道路、市街地といった走行シチュエーションにも対応している。

2019年型ニンジャZX-6R
2019年型ニンジャZX-6R
2019年型ニンジャZX-6R
2019年型ニンジャZX-6R

 2019年型『ニンジャZX-6R』は、フロントカウルやテールカウルなどのデザインが一新。Ninjaシリーズの共通デザインが取り入れられ、ヘッドライトとテールランプにLEDが採用されている。タイヤはブリヂストンの最新モデル、BATTLAX HYPERSPORT S22を装備している。

2019年型ニンジャZX-6R(フロント)
2019年型ニンジャZX-6R(フロント)
2019年型ニンジャZX-6R(リヤ)
2019年型ニンジャZX-6R(リヤ)
2019年型ニンジャZX-6R(右サイド)
2019年型ニンジャZX-6R(右サイド)
2019年型ニンジャZX-6R(左サイド)
2019年型ニンジャZX-6R(左サイド)
2019年型ニンジャZX-6R(上面)
2019年型ニンジャZX-6R(上面)
ヘッドライトにはLEDが採用された。
ヘッドライトにはLEDが採用された。

 エンジンでは、従来モデルと同等の出力やトルクを維持しながら欧州の排出ガス規制であるユーロ4に対応。ギヤ比の変更により低速域でのパワーフィーリングが向上しているという。

 また、新たにカワサキ・クイック・シフター(KQS)が装備され、クラッチ操作不要でシフトアップが可能となった。

2019年型ニンジャZX-6Rのハンドル回り
2019年型ニンジャZX-6Rのハンドル回り
2019年型ニンジャZX-6Rのメーター
2019年型ニンジャZX-6Rのメーター
カワサキ・クイック・シフター(KQS)
カワサキ・クイック・シフター(KQS)
サイレンサーは外観を刷新している。
サイレンサーは外観を刷新している。

 カラーリングは、ライムグリーン×エボニー×メタリックグラファイトグレーとメタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック、パールストームグレー×メタリックフラットスパークブラックの3色が設定されている。

 発売開始は、2018年10月上旬を予定。日本でも導入される予定で、日本仕様にはETC2.0が標準で装備される。

2019年型ニンジャZX-6R(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック)
2019年型ニンジャZX-6R(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック)

【2019年型Ninja ZX-6R主要諸元】


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
津田知美(つだともみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング