MotoGP ニュース

投稿日: 2018.10.13 06:00
更新日: 2018.10.13 08:57

ヤマハ、2019年型YZF-R3を欧州で発表。新型のカウルと倒立フォークが採用に


MotoGP | ヤマハ、2019年型YZF-R3を欧州で発表。新型のカウルと倒立フォークが採用に

 ヤマハは欧州で外観と装備を大幅に変更した2019年型YZF-R3を発表。2019年1月から欧州のヤマハ販売店で販売される。日本での発売時期は未定だ。

 2019年型YZF-R3の外観は、MotoGPマシンのYZR-M1に近いカウルデザインとなって登場。新型のフロントカウルとフロントガラスは、風洞とサーキットでのテストから開発され、空気抵抗が7%減少。体を伏せた状態ではトップスピードが最大8km/hまで上がったという。カウルサイドにはウイングレットのようなものやダクトが備わっている。

2019年型YZF-R3(ヤマハブルー)
2019年型YZF-R3(ヤマハブルー)
2019年型YZF-R3(ヤマハブルー)
2019年型YZF-R3(ヤマハブルー)
2019年型YZF-R3(ヤマハブルー)
2019年型YZF-R3(ヤマハブルー)
新型のフロントカウルとフロントガラスにより空気抵抗が7%減少したという。
新型のフロントカウルとフロントガラスにより空気抵抗が7%減少したという。

 エンジンは321ccの水冷4ストローク直列2気筒エンジンを搭載。フロントにはKYB製の新型倒立フロントフォークが採用されている。

321cc 水冷4ストローク直列2気筒エンジン
321cc 水冷4ストローク直列2気筒エンジン
KYB製の新型倒立フロントフォーク
KYB製の新型倒立フロントフォーク

 ハンドルバーの位置は従来モデルよりも22mm低く、新設計のタンク形状は膝部分が31.4mm広がり、タンク上部は20mm低くしたことで、車体との一体感がより感じられるポジションを実現しているようだ。

タンク形状を新設計。タンク容量は14Lと従来モデルと変わらず。
タンク形状を新設計。タンク容量は14Lと従来モデルと変わらず。

 ヘッドライトは、YZF-R1からインスピレーションを受けたデュアルLEDヘッドライトとポジションライトが採用された。メーターはフル液晶タイプに変更となった。

YZF-R1からインスピレーションを受けたデュアルLEDヘッドライトとポジションライトを装備
YZF-R1からインスピレーションを受けたデュアルLEDヘッドライトとポジションライトを装備
フル液晶タイプのメーター
フル液晶タイプのメーター

 発表されたカラーリングはヤマハブルーとパワーブラックの2色。欧州で2019年1月から販売される。日本での発売時期については未定だ。

 日本で発売されているYZF-R25の2019年型も、新型YZF-R3と近い形で登場するかもしれない。

2019年型YZF-R3(パワーブラック)
2019年型YZF-R3(パワーブラック)
2019年型YZF-R3(パワーブラック)
2019年型YZF-R3(パワーブラック)
2019年型YZF-R3(パワーブラック)
2019年型YZF-R3(パワーブラック)


関連のニュース

本日のレースクイーン

STANLEYレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング