MotoGP ニュース

投稿日: 2018.11.04 20:02
更新日: 2018.11.04 20:05

モリワキの清成龍一が路面コンディションを読み切り11年ぶり優勝/全日本ロードJSB1000最終戦レース2


MotoGP | モリワキの清成龍一が路面コンディションを読み切り11年ぶり優勝/全日本ロードJSB1000最終戦レース2

 全日本ロードレース選手権最終戦・鈴鹿大会のレース2は、清成龍一(KYB MORIWAKI MOTUL RACING)が11年ぶりの優勝を飾った。ウエット路面が場所によって乾き始めるという難しいコンディションで、清成は他の追随を許さずにハイペースで走行。2位中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)に23秒の大差をつけて独走優勝を果たした。3位は高橋巧(Team HRC)。

 昼過ぎに雨は上がったものの、濡れた路面でスタートした全日本ロードレース最終戦・鈴鹿大会のレース2。ウエット宣言により2周減算され、18周で競われることになった。

 上位チームのほとんどがレインタイヤを履く中、徐々に路面が乾くと見越したライダーはインターミディエイトタイヤをチョイス。これが勝負を分けた。

 スタートで飛び出したのは高橋巧。中須賀はレース1と同様にまたウイリーしてスタートミスを喫する。それでもすぐにリカバリーし、1周目は高橋巧、中須賀、そしてチームメイトの野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5)の順。

清成龍一(KYB MORIWAKI MOTUL RACING)
清成龍一(KYB MORIWAKI MOTUL RACING)

 後方から猛然と追い上げてきたのが清成だ。ピレリのインターミディエイトタイヤを履いていた清成は、他を圧倒する力走。4周目、瞬く間にトップに立つと、2番手中須賀を周回ごとに2秒近く引き離し、そのまま独走優勝を果たした。清成にとって2007年以来11年ぶりの勝利となる。

 2位は中須賀、3位は高橋巧。清成と同じくピレリのインターミディエイトタイヤを履いた高橋裕紀(KYB MORIWAKI MOTUL RACING)が12番手グリッドから追い上げ、4位入賞を果たした。

 以下、JSB1000決勝レース2順位結果。


関連のニュース

本日のレースクイーン

リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング