MotoGP ニュース

投稿日: 2019.02.13 16:35
更新日: 2019.02.13 16:51

MotoGP:ペトルッチ、走らせ方が完璧なのはマルケス。「常に可能性と限界を超えている」【インタビュー後編】


MotoGP | MotoGP:ペトルッチ、走らせ方が完璧なのはマルケス。「常に可能性と限界を超えている」【インタビュー後編】

 2019年シーズンからドゥカティのファクトリーチームに加入したダニロ・ペトルッチのインタビュー後編。共通ECU導入、ミシュランタイヤへのスイッチ等、技術上の多くの変更を経験し、最高峰7年目でファクトリーチームのシートを手にしたペトルッチ。後編でも7年間のマシン・乗り方の変化について語る。

ーーーーーーーーーー

最高峰7年目でファクトリーチームのシートを手にしたダニロ・ペトルッチ

ペトルッチのインタビュー前編

Q:映像を分析してライディングポディションを比較したりする? 君はどれくらいハングオフをするんだい?

ダニロ・ペトルッチ(以下ペトルッチ):僕は身長が高いライダーだから、体を大きく傾ける。だから、他のライダーよりもバイクを傾けないんだ。他のライダーがバイクを傾けているのを見ているから、バイクをもっと傾けようとしているけれど、バイクを傾けるベストタイミングはコーナーの内側なんだ。長いことバイクを倒しているとスロットルが使えないから、コーナー出口ではなるべく早くバイクを立て直す方がいい。

ダニロ・ペトルッチ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)
ダニロ・ペトルッチ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)

Q:今現在完璧なライディングスタイルを持っているのは誰?

ペトルッチ:(マルク・)マルケスだ! ドヴィツィオーゾは見ていてとても参考になるし、学ぶことがある。でもマルクはさらなる何かを持っているんだ。マルケスがどうやっているのか分からないけど、彼は常に限界を探そうとしている。それは僕たちにとって怖いことだけれど、マルケスは何も恐れていないんだ!

Q:マルケスを見ていて学んだことは?

ペトルッチ:マルクを見て思うのは「自分ももっとやらなくては!」ということだ。僕はホンダに所属したことがないから、マルケスのデータを見たことがない。でも彼を追尾していると、常に可能性と限界を超えているように見える。

他のライダーが、コーナーでフロントを失ったら、これは正しいやり方ではないんだと言って、ピットに戻るだろう。マルクは2度フロントを失っても、それが普通だという感じで走り続ける。それが違いだと思う。

マルケスが現時点で最高のMotoGPライダーであることは確かだ。数字が物語っているからね。マルクと僕たちの大きな違いは、彼には恐れがないということだ。

Q:タイヤと電子制御の変化によって、他のライダーたちとの戦い方はどう変わった?


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング