MotoGP ニュース

投稿日: 2019.04.07 16:49
更新日: 2019.04.08 00:48

ホンダ高橋巧、0.1秒差に泣く。ヤマハ中須賀がトップ守り切り2連勝/全日本ロード開幕戦レース2


MotoGP | ホンダ高橋巧、0.1秒差に泣く。ヤマハ中須賀がトップ守り切り2連勝/全日本ロード開幕戦レース2

 全日本ロードレース選手権JSB1000クラスは4月7日、ツインリンクもてぎで第1戦の決勝レース2が行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が高橋巧(Team HRC)とのマッチレースを制し、優勝した。

 土曜日のレース1は、ドライコンディションのもと23周で争われ、中須賀が高橋巧の追撃から逃げ切り優勝。2位は高橋巧、3位は野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)という結果になった。

 レース2は、レース1と同じく23周で争われた。スターティンググリットは、予選で記録した各ライダーのセカンドベストタイムによって決まり、中須賀がポールポジションを獲得。2番手グリッドには高橋巧、3番手グリッドには野左根がつける。

 午前中に行われた20分のウォームアップ走行では、各ライダーがレース2に向けてマシンの最終チェックを実施。高橋巧が1分48秒071でトップだった。

 午前中は青空が見えていたが、午後になるにつれてサーキットには厚い雲が現れて日差しを遮り、涼しいコンディションへと変化。気温17度、路面温度26度で、14時30分の定刻通りにレースはスタートした。

 スタートでホールショットを奪ったのは高橋巧、2番手は6番手から好スタートを決めた加賀山就臣(ヨシムラスズキMOTUL)、3番手は中須賀の順で1コーナーを抜けていく。

 ポールから3番手に下がった中須賀は、4コーナーですぐに加賀山を交わし、2番手に浮上。トップの高橋巧に接近する。

 1周目を終えると高橋巧と中須賀が抜け出す。3番手の加賀山はトップの2台から徐々に離れ、3周目には後方から迫った野左根に交わされ4番手に後退する。

レース2序盤でトップを走る高橋巧(Team HRC)
レース2序盤でトップを走る高橋巧(Team HRC)

 野左根に交わされた加賀山は、その後ペースを上げられず、後ろを走っていた渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTUL)、渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)にも交わされ6番手に下がった。

 加賀山を交わした4番手の渡辺一樹と5番手の渡辺一馬は、5周目に入るとバトルを展開。S字で渡辺一馬が渡辺一樹を交わし4番手に浮上する。

 トップの高橋巧と中須賀は1分48秒台のペースで周回。8周目には中須賀がS字で高橋巧を交わして先頭に立った。

 10周目に入ると、渡辺一馬と渡辺一樹の4番手争いが再び白熱。11周目には互いのスリップを使ったサイド・バイ・サイドのバトルを展開する。12周目に入った時点では渡辺一樹が渡辺一馬から4番手を奪った。

■ファイナルラップは全域でテール・トゥ・ノーズのバトル


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

KT Honey
宮本あかり(みやもとあかり)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング