MotoGP ニュース

2019.07.27

鈴鹿4耐は雨で転倒が続出し赤旗終了。ホンダのタイチームが荒れたレースを制す


MotoGP | 鈴鹿4耐は雨で転倒が続出し赤旗終了。ホンダのタイチームが荒れたレースを制す

 2019鈴鹿4時間耐久ロードレースの決勝レースが7月27日、鈴鹿サーキットで行われ、A.P.HONDA RACING THAILAND(ムクダラ・サラプーチ、ピヤワット・パテゥンヨット組)が優勝した。

 決勝レースがスタートした9時の時点では、雨で路面はフルウエット。ル・マン式のスタートでホールショットを奪ったのは1番手から好スタートを決めたインドネシアYAMAHA&伊藤レーシングのムハンマド・ファエロズィだ。

2019鈴鹿4耐スタートシーン
2019鈴鹿4耐スタートシーン

 序盤はA.P.HONDA RACING THAILAND、ASTRA HONDA RACING TEAM、ゼッケン25のBULE MAX+加藤建設+Speed heartがトップ集団を形成し、グリーンクラブ能塚、インドネシアYAMAHA&伊藤レーシングがそれに続き走行。上位のラップタイムは約2分30秒だった。

 難しい路面のため、たびたび転倒が見られ、レーススタートから37分が過ぎたあたりで、トップからスタートしたファエロズィがスプーンカーブ入口で転倒した。マシンに大きなダメージはなく、ピットに戻ることができたため、リヤタイヤを交換しすぐにコースに戻った。

 約42分が経過した時には、3番手を走行していたASTRA HONDA RACING TEAMが130Rで転倒。ピットに戻ったが、マシンの前方は大破しており修復に時間を要したが、修復しコースに戻った。

 その後に、トップ10圏内を走っていた都筑製作所&Honda Dream 東御も転倒し、序盤から荒れた展開となった。

 路面はウエットだが、雨が上がったレース開始1時間の時点では、#25のBULE MAX+加藤建設+Speed heart、A.P.HONDA RACING THAILAND、オートライフハノ&A-PLAN+乱乱の順だ。

 ほとんどのチームが1度目のピットインで給油を済ませた1時間過ぎには、まだピットインしていなかった#43のKIT Racing+SAMURAI FACTORYがガス欠でスローダウンするシーンも見られた。20分程度かけピットに帰ってきたが、マシントラブルがあったようで、ガレージにマシンを戻した。

 1時間半が経過した時点で再度雨が降り出し、7番手を走行中だったAFG Moto & Motto SuperMinsyukuNKOがスプーンカーブで転倒。その後、10番手を走行していたIXA+OMR& BLACK ZONE+TOMAUTOとTela Designがデグナーカーブで転倒。

A.P.HONDA RACING THAILAND(ムクダラ・サラプーチ、ピヤワット・パテゥンヨット組)
A.P.HONDA RACING THAILAND(ムクダラ・サラプーチ、ピヤワット・パテゥンヨット組)

 レース折り返し地点でも、A.P.HONDA RACING THAILAND、#25のBULE MAX+加藤建設+Speed heartとトップ2台は好調。他車より少し速いラップタイムを刻んでおり、46ラップを終え3番手を1ラップ、6番手以降は2ラップ遅れにしていた。

 その後、#25のBULE MAX+加藤建設+Speed heartは開始2時間半で緊急ピットインし順位を落とす。2時間40分が過ぎた段階で、雨脚が強くなりグリーンクラブ能塚も一時2番手につけていたが、130Rで転倒を喫した。

 直後にSMF&Silk Racing withジニアスも同じ場所で転倒し赤旗が掲示され、レース成立時間に達していたため終了が宣言。

2019鈴鹿4時間耐久ロードレース 表彰式
2019鈴鹿4時間耐久ロードレース 表彰式

 雨に翻弄された2019年の鈴鹿4耐は、約2時間40分で62ラップを走行したA.P.HONDA RACING THAILANDが優勝、最後に転倒したグリーンクラブ能塚は2位、オートライフハノ&A-PLAN+乱乱が3位という形で幕を下ろした。

 以下、2019鈴鹿4時間耐久ロードレースのタイム結果。


MotoGP レース結果

MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

2019 B-Max Racing Lady
あやきいく

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング