MotoGP ニュース

2019.07.28

鈴鹿8耐の暫定結果に変更。カワサキワークスが暫定優勝に


MotoGP | 鈴鹿8耐の暫定結果に変更。カワサキワークスが暫定優勝に

 FIM世界耐久選手権(EWC)のレースディレクションは7月28日、鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝終了後に決勝レース暫定結果の変更を発表。暫定結果は、赤旗が提示された1周前の順位に変わり、Kawasaki Racing Team Suzuka 8H(レオン・ハスラム/トプラク・ラズガットリオグル/ジョナサン・レイ)が暫定優勝となった。

 2019年の鈴鹿は残り5分に入ろうとうところでSuzuki Endurance Racing Teamのマシンから白煙が上がり1コーナー出口からスローダウン。ダンロップコーナー付近でマシンを止めた。

 この時、1コーナーからダンロップコーナー付近までオイルがまかれたのか、スロー走行するライダーがいくつか見られた。

サーキットのビジョンに映し出されたジョナサン・レイの転倒シーン
サーキットのビジョンに映し出されたジョナサン・レイの転倒シーン

 そして、残り2分を切ったところで、この時トップを走っていたKawasaki Racing Team Suzuka 8Hのジョナサン・レイがまかれたオイルに乗ってしまったのか、S字コーナーで転倒。この転倒により即座に赤旗が掲示。そのままレースは終了の宣言がなされた。

 レギュレーションには赤旗中断後はいかなるショートカットもすることなく5分以内にピットレーンへ戻らなければならないという規定があるが、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hは赤旗終了後、5分以内にピットレーンに入れなかったため、決勝レースの暫定結果では完走できずという扱いとなり、ピットレーンに戻った車両のなかでトップだったYAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ロウズ/マイケル・ファン・デル・マーク)が暫定優勝という結果に。

 この結果に対してKawasaki Racing Team Suzuka 8Hはレースディレクションに抗議。その抗議をレースディレクションは受け入れ、暫定結果は赤旗が提示された1周前の順位を適応することになり、リザルトが改訂されKawasaki Racing Team Suzuka 8Hが暫定優勝と覆る結末になった。しかし、チームは抗議を行うことができる状態で、この結果も暫定となるため、正式なリザルトは後日発行される。

 EWCのレースディレクションは優勝会見を行う前(21時50分頃)に、今回の暫定結果変更について以下のように説明した。

「決勝レースは赤旗で終了した。赤旗終了後、ピットに5分以内に入ってきた車両がリザルトの対象となる。この考えはFIMのチャンピオンシップの見方だ(赤旗中断後はいかなるショートカットもすることなく5分以内にピットレーンへ戻らなければならないという規定)」

「暫定リザルトを発表してからKRT(Kawasaki Racing Team Suzuka 8H)から抗議を受けた。その抗議はレギュレーションには、赤旗でレースを中断した場合は、赤旗が出る前のラップがレース結果として適用されると書かれているという内容だ。また、このルールが記載されている箇所には、先ほど言った5分以内にピットに戻るルールは書かれていない」

「(裁定の結果)このチャンピオンシップの基本的な考えには反しているかもしれないが、10号車KRTからの抗議を受け、このレギュレーションに従って赤旗の前の周に走行していたすべてのライダーのポジションで結果を出すことにした」

「したがって、赤旗が出る前の周のリザルトを適用したため、216ラップ目にトップを走行していた10号車KRTが優勝ということになる」

「またこれも暫定リザルトになるため、チームは抗議を行うことができる。そのため最終結果が出るのは車検が終わってからになる。(今日の段階では)このルールに従い、KRT優勝という正式な暫定リザルトを発表した」

 2019年鈴鹿8時間耐久ロードレース、暫定決勝リザルト『改訂版』は以下の通り。


MotoGP レース結果

MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
辻井美香(つじいよしか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング