MotoGP ニュース

投稿日: 2019.09.09 12:06
更新日: 2019.09.09 13:27

SBK第10戦ポルトガル:バウティスタがレース2で表彰台の頂点に返り咲き。0.111秒差でレイを退ける


MotoGP | SBK第10戦ポルトガル:バウティスタがレース2で表彰台の頂点に返り咲き。0.111秒差でレイを退ける

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第10戦ポルトガルがアウトドローモ・インターナショナル・アルガルベで行われ、レース1、スーパーポール・レースでジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)が優勝。レース2ではアルバロ・バウティスタ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)が第7戦イタリア(ミサノ)以来の勝利を挙げた。

 サマーブレイク明け初めてのレースとなった第10戦ポルトガル。SBKにとっては約2カ月ぶりのレースである。今大会では第5戦イモラのスーパーポールで転倒負傷したレオン・キャミア(モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム)が依然として復帰できず欠場。代役として全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦する高橋巧がエントリーした。

 高橋にとっては、2017年のスポット参戦以来のSBK参戦。2017年のスポット参戦でもポルトガルラウンドを戦っており、高橋にとっては経験あるサーキットでの代役参戦となる。

 レース1はスーパーポールの結果により、ポールポジションがレイ、2番手にトム・サイクス(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)、3番手にサンドロ・コルテセ(GRTヤマハ・ワールドSBK)が並んだ。バウティスタは6番手、高橋は17番手、清成龍一(モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム)は18番手からのスタートとなった。

■レース1:レイが独走でポール・トゥ・ウイン。バウティスタは追い上げのレースに

 気温30度、路面温度43度のドライコンディションのもと、レース1が始まった。ホールショットを奪ったのはポールポジションスタートのレイ。そこにサイクス、レオン・ハスラム(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)が続く。6番手スタートのアルバロ・バウティスタ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)はオープニングラップで16番手にまでポジションを落とす。

 バウティスタがポジションを落としたのは、オープニングラップの1コーナーでチャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)と接触しかけたことが原因だった。バウティスタはこの1コーナーで大きく後退することになる。

 トップを走るレイは2周目にレコードを更新するファステストラップを叩き出し、2番手のサイクス以下との差を広げていった。その差は3周目を終えてすでに2秒以上。レイは独走態勢に入る。

 レイの後方では、サイクスとデイビスにより2番手争いが展開される。デイビズは5周目の1コーナーでサイクスを交わして2番手に浮上すると、そのすぐ後ろにつけていたマイケル・ファン・デル・マーク(パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム)がサイクスをパス。さらに続いてハスラムがサイクスをとらえる。サイクスは6周目にはトプラク・ラズガットリオグル(ターキッシュ・プセッティレーシング)にも交わされ、6番手に後退してしまう。

2番手争いを展開するデイビスとファン・デル・マーク
2番手争いを展開するデイビスとファン・デル・マーク

 デイビスとファン・デル・マークが2番手争いを展開し、1秒離れてハスラム、ラズガットリオグル、アレックス・ロウズ(パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム)、サイクスが4番手争いの集団を形成。そんななか、7周目の13コーナーでサイクスがスリップダウンを喫する。転倒自体は大きなものではなく、サイクスはすぐにマシンを起こしてレースに復帰したが、上位争いからは脱落することになった。

 一方、1周目で大きくポジションを落としたバウティスタは8周目を終えて7番手にまで浮上。前を行く6番手のロウズとの差は、約5秒という状況だ。

 レース折り返しの10周を終えて、トップは依然、独走態勢を崩さないレイ。すでに2番手との差は約4.6秒にまで開いている。2番手はデイビスが維持しているが、ファン・デル・マークとの僅差の争いは変わらない。テール・トゥ・ノーズでの2番手争いは2番手デイビス、3番手ファン・デル・マークのまま続く。

 その後方では、ハスラムを交わしたラズガットリオグルが4番手に浮上。しかし、その差はわずかで、ラズガットリオグルの4番手は予断を許さない状況。そして7番手のバウティスタは、少しずつロウズとのギャップを削っていた。

追い上げのレースとなったバウティスタ
追い上げのレースとなったバウティスタ

 残り5周、バウティスタがついに4番手争いのグループに追いついた。このとき、4番手を走るのはハスラム、5番手がラズガットリオグル、そして6番手がバウティスタだ。3台はワンパックとなり、緊迫した状況が続く。

 そして残り3周、メインストレートでバウティスタが一気に加速。ラズガットリオグルを交わして5番手にポジションを上げると、4番手のハスラムにも襲いかかる。バウティスタは残り2周のメインストレートでハスラムをオーバーテイク。ついに4番手に浮上した。

ポルトガルのレース1をポール・トゥ・ウインで飾ったレイ
ポルトガルのレース1をポール・トゥ・ウインで飾ったレイ

 一方、レースをリードし続け快走したレイは一度もその座を譲ることなく、トップでチェッカー。サマーブレイク明けのレースを優勝で飾った。2位は中盤以降、ファン・デル・マークの追随を退けたデイビス。3位にはファン・デル・マークが入った。

 4位は見事な追い上げを見せたバウティスタ。5位はハスラム、6位はラズガットリオグルが入っている。代役参戦の高橋は15位。代役参戦ながらポイントを獲得した。清成は19位でフィニッシュしている。

代役参戦で15位フィニッシュを果たした高橋
代役参戦で15位フィニッシュを果たした高橋

■SBK第10戦ポルトガル レース1順位結果(20周)

Pos.No.RiderTeam/MachineTime/Gap
11J.レイカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)34’19.341
27C.デイビスAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)3.891
360M.ファン・デル・マークパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)6.168
419A.バウティスタAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)8.564
591L.ハスラムカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)8.877
654T.ラズガットリオグルターキッシュ・プセッティレーシング(カワサキZX-10RR)10.404
722A.ロウズパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)13.495
811S.コルテセGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)21.345
933M.メランドリGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)21.582
1021M.ルーベン・リナルディバーニーレーシングチーム(ドゥカティ パニガーレV4 R)22.486
1181J.トーレスチーム・ペデルチーニ・レーシング(カワサキZX-10RR)22.701
1228M.ライターベルガーBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)27.132
1366T.サイクスBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)34.484
1436L.メルカドオレラック・レーシングVerdNatura(カワサキZX-10RR)36.612
1513高橋巧モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)46.877
1676L.バズテンケイト・レーシング(ヤマハYZF-R1)47.901
1720S.バリアーブリックス・パフォーマンス(ドゥカティ パニガーレV4 R)1’00.704
1852A.デルビアンコアルティア・ミエ・レーシングチーム(ホンダCBR1000RR)1’00.767
1923清成龍一モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)1’09.039
RET50E.ラバティチーム・ゴーイレブン(ドゥカティパニガーレV4 R)8 Laps(リタイア)

■スーパーポール・レース:バウティスタが久々の表彰台獲得


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング