MotoGP ニュース

投稿日: 2021.03.24 13:03
更新日: 2021.03.24 13:05

カワサキZX-10R/ZX-10RRの国内での発売予定日や価格が発表。サーキットから公道まで楽しさを両立


MotoGP | カワサキZX-10R/ZX-10RRの国内での発売予定日や価格が発表。サーキットから公道まで楽しさを両立

 3月24日、カワサキモータースジャパンは、ニューモデルの大型二輪車『Ninja ZX-10R』と『Ninja ZX-10RR』の国内における発売予定日や価格を発表した。

 2020年11月に行われたスーパーバイク世界選手権(SBK)のウインターテストでカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKによりお披露目された新型のカワサキZX-10RR。その後、川崎重工が市販車のカワサキZX-10R/ZX-10RRを発表して両モデルの詳細が明らかとなった。

 ZX-10R/ZX-10RRは、SBKにおいては6年連続でライダー&マニュファクチャラーズタイトルを獲得しており、Ninja ZXシリーズのフラッグシップモデルのスーパースポーツだ。

カワサキNinja ZX-10Rの2016年モデルと2021年モデルの比較
カワサキNinja ZX-10Rの2016年モデルと2021年モデルの比較

 2021年モデルでは、空力性能とダウンフォース向上のため一体型ウイングレットを装備。先進的なエアロダイナミクスを取り入れたカウル形状と小型ヘッドライトを組み合わせたフロントフェイスに変わり、次世代のNinjaスタイルとなった。

 それによりシャシージオメトリとともにコーナリング性能が向上。また、川崎重工グループの技術を結集した証として、H2シリーズに続き『リバーマーク』が印されている。

カワサキNinja ZX-10R KRT EDITION 2021年モデル(ライムグリーン×エボニー)
カワサキNinja ZX-10R KRT EDITION 2021年モデル(ライムグリーン×エボニー)
カワサキNinja ZX-10R 2021年モデル(フラットエボニー)
カワサキNinja ZX-10R 2021年モデル(フラットエボニー)

 ZX-10Rシリーズは、レースでのポテンシャルからストリートライディングに至るまで、楽しみの幅が広げられたモデルだ。SBKのファクトリーマシンからフィードバックされた空冷式オイルクーラーを新たに装備しており、効率的な冷却効果により高いエンジンパフォーマンスをもたらす。加えて、エレクトロニッククルーズコントロールやスマートフォン接続機能を備えるTFTインストゥルメントパネルなど、先進機能も新採用された。

カワサキNinja ZX-10RR 2021年モデル(ライムグリーン)
カワサキNinja ZX-10RR 2021年モデル(ライムグリーン)

 ZX-10RRは、SBKでさらなる勝利を獲得するために誕生したモデルだ。Pankl社製チタニウムコネクティングロッドや鍛造マルケジーニホイールを搭載しており、新たに採用されたPankl社製軽量ピストンや新設計カムシャフトをはじめとするパワーユニットの改良がレブリミットとパワーバンドを引き上げた。

 998cc水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載しており、ZX-10Rはラムエア加圧時の最高出力が213.1PS/13,200rpm、最大トルクは115Nm/11,400rpmで、ZX-10RRはラムエア加圧時の最高出力が214.1PS/14,000rpm、最大トルクは112Nm/11,700rpmを発揮する。

 カラーリングは、『Ninja ZX-10R』がフラットエボニー、『Ninja ZX-10R KRT EDITION』がライムグリーン×エボニーとなり、『Ninja ZX-10RR』はライムグリーンと3色のみ。メーカー希望小売価格は、『Ninja ZX-10R』と『Ninja ZX-10R KRT EDITION』が229万9000円、『Ninja ZX-10RR』は328万9000円となる。

 両モデルともにカワサキケアモデルとなり、カワサキプラザでZX-10Rが5月28日、ZX-10RRが6月25日から発売される。ZX-10RRは世界限定500台となる。

 詳細はカワサキモータースジャパンのホームページ(https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjazx-10r/)まで。

カワサキNinja ZX-10R KRT EDITION 2021年モデル(ライムグリーン×エボニー)
カワサキNinja ZX-10R KRT EDITION 2021年モデル(ライムグリーン×エボニー)
カワサキNinja ZX-10R 2021年モデル(フラットエボニー)
カワサキNinja ZX-10R 2021年モデル(フラットエボニー)
カワサキNinja ZX-10RR 2021年モデル(ライムグリーン)
カワサキNinja ZX-10RR 2021年モデル(ライムグリーン)

■『Ninja ZX-10R』 従来モデルからの主な変更点
・空力性能を約7%向上させた流線形でレーシーなスタイリング
・ダウンフォースを約17%向上させた一体型ウイングレット装備のカウリング
・軽量コンパクトな新型LEDヘッドライト
・よりコンパクトな形状としながらもカウル形状により従来と同じ効率を維持するラムエアインテーク
・スーパーバイク世界選手権参戦マシンからのフィードバックに基づく空冷オイルクーラー
・コーナリング性能を向上させた、シャーシジオメトリのアップデート
・サーキット走行でのアグレッシブなライディングポジションを実現する新しいシートデザイン
・防風性能を高めた新形状のウインドシールド
・長距離走行時のライダーの負担を軽減し、より快適なツーリングを楽しむことができるクルーズコントロール
・状況に応じてトラクションコントロールとパワーデリバリーを効率的に設定可能なインテグレーテッドライディングモード
・スマートフォン接続機能を備えるTFTインストゥルメントパネル
・スーパーバイク世界選手権での偉業により特別に付与された「リバーマーク」

■『Ninja ZX-10RR』 Ninja ZX-10Rからの変更点からの主な変更点
・高回転域の性能を向上させるPankl社製の軽量ピストンとチタニウム製コネクティングロッド
・高回転域で性能を引きだす、Ninja ZX-10RR専用の新設計カムシャフト
・サーキット走行を前提にセッティングしたショーワ社製バランスフリーフロントフォークとBFRC lite リヤサスペンション
・フロントブレーキに採用した高レベルのブレーキ性能に貢献するレース用ステンレスメッシュブレーキホース
・機敏なハンドリングを実現するマルケジーニ社製7本スポークアルミ製鍛造ホイール
・ストリートとサーキットで優れたパフォーマンスを発揮するタイヤ、ピレリ製ディアブロ・スーパーコルサSP
・サーキットシーンでの使用を想定したシングルシート


関連のニュース

本日のレースクイーン

リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング