MotoGPニュース

2017.01.10

MotoGP:ホンダに代わりトライアンフが2019年のMoto2エンジンサプライヤーに


MotoGP | MotoGP:ホンダに代わりトライアンフが2019年のMoto2エンジンサプライヤーに

 イギリスのオートバイメーカーであるトライアンフが、2018年末にMoto2クラスへのエンジン供給契約が切れるホンダの後任エンジンサプライヤーとなることをドルナの関係者が認めた。

 Moto2クラスは2010年に250ccクラスに代わって設立。ホンダCBR600RRの600cc4気筒エンジンが採用された。

 移行から9年がたち、ホンダの継続する意志が薄いことから、MotoGPのプロモーターであるドルナは代わりのサプライヤーを探すことを決定した。

 ドイツのSpeedweek誌の報道によると、当初はMVアグスタと交渉が行われたが、コストの面で両者の折り合いがつかなかったようだ。

 ふたつめの候補として浮上したトライアンフは、MotoGPに関わることを喜んで受け入れたという。トライアンフは、Moto2のチームに約160馬力の750cc3気筒エンジンを供給することになる。

 ドルナとトライアンフとの間で契約はすでに締結されており、2017年シーズンの開幕戦となる3月26日のカタールGPで正式に発表されるものとみられる。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング