レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

MotoGP ニュース

投稿日: 2022.08.08 10:00
更新日: 2022.08.08 11:49

今季4勝目のバニャイア「難しい状況の中で勝てたことがうれしい」/MotoGP第12戦イギリスGP決勝トップ3コメント

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


MotoGP | 今季4勝目のバニャイア「難しい状況の中で勝てたことがうれしい」/MotoGP第12戦イギリスGP決勝トップ3コメント

 8月7日、MotoGP第12戦イギリスGPの決勝レースがシルバーストン・サーキットで行われ、MotoGPクラスで優勝したフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)、2位のマーベリック・ビニャーレス(アプリリア・レーシング)、3位のジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が会見に出席。レースを振り返った。

2022MotoGP第12戦イギリスGP決勝
2022MotoGP第12戦イギリスGP決勝

■フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)/決勝:優勝

フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)/2022MotoGP第12戦イギリスGP
フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)/2022MotoGP第12戦イギリスGP

「今回のレースについては、とてもうれしい。思ったように走れず苦戦していたので、自分のなかでのベストレースに入れたいと思う。昨日の時点で、トップ5フィニッシュを目標にしていた。勝つのは難しいと思っていたんだ」

「だけど今朝、リヤタイヤにハードを履いた状態でよかった。それからレースではフロントにミディアムタイヤを使った。レース後半では、まったくリヤのグリップがなくなってしまったから、かなりブレーキングをハードにしたよ。それが唯一、ポジションを守る方法だった。ギャップをコントロールした(第11戦オランダGPの)アッセンと比べて、今日はただ全力でラップを刻んでいた。レース終盤に厳しくなるとわかっていたからだ。だけど全部がうまくいった。とてもうれしいよ」

「この2戦でかなりポイントを稼いだけど、まだチャンピオンシップについては考えたくないんだ。考えるべきは次戦のオーストリアGPで、力強い走りをすること、優勝することだ。今日はファビオ(・クアルタラロ)のロングラップ・ペナルティが重要なアドバンテージになった」

「ファビオはロングラップ・ペナルティでタイムをロスした。彼はリヤにミディアムタイヤでスタートしていて、もし彼が前にいたら、ギャップを広げていたと思うんだ。今日はとても強かったからね。でも(ヨハン・)ザルコの走りによってそうもいかなかった。というわけで、彼のミディアムタイヤにとってベストな状況にはならなかったんだ。それにアレイシ(・エスパルガロ)も(土曜日に)大きなクラッシュがあって、マーべリックのような強い走りではなかった」

「チャンピオンシップとしても今日はよかったと思うけど、勝てたことが最も重要だった。今年初めて、こういう難しい状況のなかで勝てたんだからね。それがとてもうれしいんだ」

■マーベリック・ビニャーレス(アプリリア・レーシング)/決勝:2位

マーベリック・ビニャーレス(アプリリア・レーシング)/2022MotoGP第12戦イギリスGP
マーベリック・ビニャーレス(アプリリア・レーシング)/2022MotoGP第12戦イギリスGP

「レース終盤はとても強さを感じていたからトライしたかったんだけど、ペッコ(フランセスコ・バニャイア)はなんとか僕の前にいようとして、ラインを締めていたものだから、チャンスがなかったよ。(最終ラップの)1コーナーではリヤタイヤが滑ってワイドになってしまった」

「今日の結果には満足すべきだ。ポテンシャルがあることを証明したし、バイクにいいフィーリングがあった。調子が上がっているのを感じているよ。アプリリアは素晴らしい形で取り組んでいる」

「バイクに順応する必要がある。まだ完全ではないけど、だんだん最高の状態に近づいている。だからさらに学ばなくちゃいけない。今はオーストリアに行くことが待ちきれないよ。きっと速く走れるだろう。僕たちは前進を続けていて、とても強い。リフレッシュして、より強くなって戻ろう」

■ジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)/決勝:3位

ジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)/2022MotoGP第12戦イギリスGP
ジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)/2022MotoGP第12戦イギリスGP

「みんなとバトルしたよ。序盤はヨハン、ファビオ、それから僕がいて、ファビオはロングラップ・ペナルティで後退し、それからヨハンは転倒した。僕はトップに上がったけど、アレックス(・リンス)がトップに出たので、全力で彼を追いかけたよ。常に前のライダーについていこうとしていた。アレックスが行ったとき、彼はすごくプッシュしていたんだけど、ここはちょっとマージンをとっておこうという感じだった。まあつまり、頑張って彼を追いかけたり彼のペースで走ったりしないようにしたんだよね。それでどうなるかなと」

「ペッコが僕をかわしていったけど、僕は自分の走りができていて、アレックスに迫っていた。もう少しでアレックスをパスできるというところまで来た。でも残り6周というところでフロントタイヤに問題が出てしまった。それでも表彰台に戻ってこられたのはうれしい。いい形でシーズンの後半戦をスタートできた」

「昨年のオーストリアGPでは運がなかったけど、その前の年にはポル(・エスパルガロ)やミゲール(・オリベイラ)と争っていい結果を残している。シーズン後半戦のサーキットが楽しみなんだ。僕はだいたい後半戦でさらに調子がよくなる」

「いつもはこのあたりで苦戦するところだけど、(第10戦ドイツGPの)ザクセンリンクで表彰台に上がり、(第11戦オランダGPの)アッセンで表彰台争いをした。バルセロナでのテストで調整をしたことがとてもポジティブで、強くいられているんだ。この勢いを最後までキープできれば素晴らしい。もちろんフィリップ・アイランドやタイなど、ここ2年、レースをしていないところもあるけどね」


関連のニュース