MotoGPニュース

2017.02.24

中上は今年から最高峰の予定だった!? 新たに世界に挑む日本人の可能性とは?:第3回MotoGP覆面座談会(2)


中上貴晶

 二輪ロードレースの最高峰、MotoGPの裏話を語る『2016MotoGP覆面座談会』の第3回を開催。今回は新たに女性のMotoGP関係者を入れた3名でお届け。パート2は2016年シーズンを戦った日本人ライダーと、2017年を戦う日本人ライダーについて。日本人ライダーがチャンピオンを獲得する可能性はあるのか?

事情通A氏:自身もサーキットで走るという二輪界のパイオニア

事情通B氏:恐れ知らずでズバッと切り込むベテラン編集員

事情通C氏:今回初参戦、ライダー情報に精通した女性編集員

◇ ◇ ◇ ◇

■ミスによる幻の表彰台。その原因とは

――では日本人ライダーについて語っていただきましょう。16年シーズンは中上貴晶のMoto2クラス初優勝や尾野弘樹が初表彰台を逃すなど話題が多かったですが、みなさんはどう感じましたか。

C氏:尾野弘樹は……。本当にありえないですよね。

B氏:予選3グリッド降格と幻の3位表彰台。酷いよね。運がないとしか言えない。

A氏:チーム・アジアがミスを犯したのは、これで2回目ですよね?

C氏:正確には3回目です。細かいところを言えば何十回もミスをしていますけど。まず2014年、中上貴晶の開幕戦カタールGPでの車検落ち。それから2016年の第6戦イタリアGPでのクイックリスタートのペナルティ。そして、第15戦日本GPでの車検落ちによる尾野の失格です。

幻の3位表彰台となった日本GPでの尾野弘樹
幻の3位表彰台となった日本GPでの尾野弘樹

――尾野の3グリッド降格は何が原因で起こったんですか?

C氏:あの3グリッド降格は、チームオーダーが原因らしいです。Moto3クラスは、2015年の第8戦オランダGPからスロー走行が禁止になりました。各セッションで自己のベストタイムから107パーセント以内のラップタイムで周回しなければグリットド降格のペナルティが科せられる。

 尾野はチームメイトの(カイルール・イダム・)パウィを引っ張るようにチームから命じられていたんです。パウィにペースを見せてあげるために尾野はコース上で待っていた。それがスロー走行と見なされてペナルティを科せられてしまったんです。

A氏:スロー走行になった原因もパウィにあったようで、尾野はピットアウトのタイミングを合わせたのにもかかわらずパウィが遅れたと言っていました。

B氏:速い人を待ってたんじゃなくて、遅い人を待ってたらペナルティ。スロー走行禁止ってMoto3クラスくらいだよね。Moto2クラスでも速いライダーを待っている場面を見るし。

A氏:スロー走行禁止になった理由のひとつに、走行ライン上をスロー走行するライダーがいて危険だったからというのがありました。実際に事故が起こったこともあったんです。Moto3クラスを走るライダーの中には20代以下の幼い子たちもいるし台数も多いので、走行ラインをうまく外せるライダーが少ないのでしょうね。

B氏:まあ、チームオーダーが出てたことを知らない人は尾野弘樹が下手くそだったって話になってしまうけどね。あまり報道されていないから、この事実を知ってる人は多くないと思うよ。

C氏:(チーム・アジアは)Moto2クラスでも新レギュレーションに対応できなくてペナルティを受けていました。今年から導入されたクイックリスタートです。このレギュレーションは、赤旗中断などで再スタートするときの時間短縮のために作られたレギュレーションなんです。

 クイックリスタートになったとき、レース再開の時間になったらピットレーン出口が60秒間のみ解放されます。その時間内でピットレーンから出てコースを1周し、スタートグリッドに戻らないといけません。それをチームが知らず、ピットレーン出口が閉鎖されているところを中上は出て行ってしまったのでペナルティ。最後尾スタートになってしまったんです。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

KEIHIN BLUE NAVIGATOR/2017SGT
栗沢綾乃(くりさわあやの)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

13日(Wed)

14日(Thu)

15日(Fri)

16日(Sat)

17日(Sun)

18日(Mon)

19日(Tue)