Blog ニュース

投稿日: 2019.07.11 12:00
更新日: 2019.07.10 23:51

【ブログ】何これジャンプ台!?ペットボトルでできた謎の物体が/タイのサーキットを1周歩いてみた


Blog | 【ブログ】何これジャンプ台!?ペットボトルでできた謎の物体が/タイのサーキットを1周歩いてみた

 2019年シーズンからautosport webのスーパーGT現場取材部隊に加わった新人編集部員のぐちサーファーくん。人生2度目の海外渡航となった第4戦タイではチャン・インターナショナル・サーキットのコースウォークを体験し、コース紹介の記事を書き上げました。

 しかし、編集長をはじめ、先輩編集部員から修正の嵐。あわやお蔵入りかと思われましたが、タイ探訪記も交えたブログ形式に姿を変えて、日の目を見ることになりました。新人編集部員の奮闘を生温かい目で見守りつつ、ご覧ください。

※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 みなさん、はじめまして。今年からスーパーGT現場取材を担当している新人編集部員ぐちサーファーです。人生初の海外出張となったタイは、編集長の“粋な計らい”により、渡航が1日前倒しに……。急きょバンコク観光も果たすなど、トピックスが目白押しでした。

 今回はバンコク観光の模様も挟みつつ、厳しい日差しのなかチャン・インターナショナル・サーキットを1周。全コーナーの写真を撮影してきたので、その模様をご紹介します。

 まずは初日。通常であれば水曜深夜に日本を出発し、木曜早朝にタイ入国、そこからレンタカーでブリーラムを目指すのですが、今回は飛行機を1日早く予約してしまう“アクシデント”がありました。そのため、火曜深夜に日本発、水曜早朝にタイ入国という長いスケジュールとなったのでした。

涅槃仏像をセクシーに撮ってみました
涅槃仏像をセクシーに撮ってみました

 この24時間の散策時間では、途中トゥクトゥク乗りのおじさんにボラれかけながら、タイ王宮や涅槃仏像がある『涅槃寺(ワット・ポー)』を観光。13時にホテルへチェックインすると、そのまま泥のように眠りにつきました。

 翌木曜日はル・マン→ニュルと欧州24時間レース連戦を経た先輩編集部員が早朝便でタイ入りするため、午前3時に起きて空港へ。3時間後の午前6時にレンタカーを借りて、一路ブリーラムへ出発です。

 さて、バンコクからブリーラムへの道中をご紹介……と行きたいのですが、高速に乗ってからの記憶がなく……。ゴメンナサイ。後部座席で船を漕いでおりました。

チャン・インターナショナル・サーキット付近にある射撃場
チャン・インターナショナル・サーキット付近にある射撃場

 というわけで、気がついたらブリーラム、チャン・インターナショナル・サーキットの入り口。メディアの入場受付まで時間があったためサーキット付近にある射撃場でライフルを撃つという人生初の体験をしました。カ・イ・カ・ン!(先輩に入れろと言われましたが元ネタはわかりません)

チャン・インターナショナル・サーキット(パドック側)
チャン・インターナショナル・サーキット(パドック側)

 その後メディアパスを受け取り、メディア専用駐車場へ。クルマを降りパドック側からサーキットを見るとスタジアムのような見た目になっていました。すごい迫力ですよね。生で見ると遊園地に来たような感じでキラキラして見えたのですが、写真だと曇っていてそうは見えませんね。(笑)

■初めて来たタイのサーキットで緊急企画に挑戦


Blog News Ranking

    本日のレースクイーン

    SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
    津田知美(つだともみ)

    Blog Photo Ranking

    フォトランキング