クルマニュース

2017.04.18

日本初の量産EVスポーツカー開発を目指し京都のGLMが『G4』の量産計画発表


 京都に本拠を置く電気自動車メーカーのGLMは、日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産を目指す『GLM G4』を、想定価格4000万円で販売すると発表した。販売台数は1000台を目指す。

 GLMは、2010年にグリーンロードモータースとして生まれた電気自動車開発のベンチャー企業。京都大学のEV開発プロジェクト『京都電気自動車プロジェクト』を母体に、2014年には京都生まれの伝説的スポーツカー『トミーカイラZZ』をEVスポーツカーとしてリリースした実績をもち、2015年には世界的なモータースポーツイベントである、イギリスのグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでトミーカイラZZを走らせた。

 そんなGLMが2019年の量産を目指し開発しているのが、日本初のEVスーパーカー『G4』。専用開発の高効率・高出力モーターを車両前後に2機搭載した四駆スーパーカーで、最高出力400kw/540馬力、最大トルク1000Nmを発揮。0-100km/h加速は3.7秒、最高速250km/h、航続距離は欧州の標準試験モードであるNEDCで400kmを実現する。

 また、外観はクーペスタイルながら、4ドアかつ4シーターを実現。スーパーカーのルーフラインを保ちつつ、4人の乗員がくつろげる快適な空間を確保しており、新時代のグランドツーリングカーとして開発を進めるという。

前後ドア4枚が高く跳ね上がる『アビームセイルドア』を採用した、デザイン性の高い外装となったGLM G4
前後ドア4枚が高く跳ね上がる『アビームセイルドア』を採用した、デザイン性の高い外装となったGLM G4
内装は白を基調に、優美に仕上げられたGLM G4の内装
内装は白を基調に、優美に仕上げられたGLM G4の内装


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

apr HYBRID Victoria/2017SGT
桜井はるか(さくらいはるか)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

20日(Thu)

21日(Fri)

22日(Sat)

IMSA 第8戦ライムロック・パーク(カナダ)

Japanese FIA-F4 第7戦スポーツランドSUGO

23日(Sun)

スーパーGT第4戦SUGO

DTM 第5戦モスクワ

ELMS 第3戦レッドブル・リンク

Japanese FIA-F4 第8戦スポーツランドSUGO

24日(Mon)

25日(Tue)

26日(Wed)