クルマニュース

2017.04.18

日本初の量産EVスポーツカー開発を目指し京都のGLMが『G4』の量産計画発表


2019年の量産を目指すGLM G4。0-100km/h加速は3.7秒、最高速250km/hを発揮する。

 京都に本拠を置く電気自動車メーカーのGLMは、日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産を目指す『GLM G4』を、想定価格4000万円で販売すると発表した。販売台数は1000台を目指す。

 GLMは、2010年にグリーンロードモータースとして生まれた電気自動車開発のベンチャー企業。京都大学のEV開発プロジェクト『京都電気自動車プロジェクト』を母体に、2014年には京都生まれの伝説的スポーツカー『トミーカイラZZ』をEVスポーツカーとしてリリースした実績をもち、2015年には世界的なモータースポーツイベントである、イギリスのグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでトミーカイラZZを走らせた。

 そんなGLMが2019年の量産を目指し開発しているのが、日本初のEVスーパーカー『G4』。専用開発の高効率・高出力モーターを車両前後に2機搭載した四駆スーパーカーで、最高出力400kw/540馬力、最大トルク1000Nmを発揮。0-100km/h加速は3.7秒、最高速250km/h、航続距離は欧州の標準試験モードであるNEDCで400kmを実現する。

 また、外観はクーペスタイルながら、4ドアかつ4シーターを実現。スーパーカーのルーフラインを保ちつつ、4人の乗員がくつろげる快適な空間を確保しており、新時代のグランドツーリングカーとして開発を進めるという。

前後ドア4枚が高く跳ね上がる『アビームセイルドア』を採用した、デザイン性の高い外装となったGLM G4
前後ドア4枚が高く跳ね上がる『アビームセイルドア』を採用した、デザイン性の高い外装となったGLM G4
内装は白を基調に、優美に仕上げられたGLM G4の内装
内装は白を基調に、優美に仕上げられたGLM G4の内装


News Ranking

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ/2017S耐
生田ちむ(いくたちむ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

21日(Fri)

22日(Sat)

EWC 世界耐久選手権 第2戦ル・マン24時間

全日本F3 鈴鹿サーキット

23日(Sun)

世界ラリークロス 第2戦ポルトガル

インディカー・シリーズ 第3戦バーバー・モータースポーツパーク

全日本F3 鈴鹿サーキット

MotoGP 第3戦アメリカGP

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第1戦モンツァ

スーパーフォーミュラ 第1戦鈴鹿サーキット

24日(Mon)

25日(Tue)

26日(Wed)

27日(Thu)