クルマニュース

2017.09.12

「乗るべしスーパーカー」発売記念連載05『フェラーリ・アイディングパワー F460GT』


 9月5日に発売となった「乗るべしスーパーカー」の発刊を記念して、この本の主役である気鋭のフォトグラファー・悠佑氏が切り取った珠玉の写真たちと、オーナーとスーパーカーのライフストーリーをご紹介。第5回は「フェラーリ・アイディングパワー F460GT」だ。

●Car Details Ferrari IDINGPOWER F460GT
Text:Fumiaki HARA

 2008年にデリバリーが開始されたFerrari F460GT においても、IDING POWERの妥協知らずのチューニング哲学は健在だ。V8エンジンはヘッドから腰下まですべてのユニットを一度バラし、その後エンジニアの手により専用部品が組みこまれるコンプリート仕様。アクセルレスポンスの向上に加え、最高出力もベース車両のF430に比べ、25PS増しの515PSまで高められる。

さらに独自の空力理論から導かれたエアロボディキットや鍛造マグネシウム製の19インチホイールなど、各所にもこだわりのアイテムが目白押しだ。価格は2008年当時の資料によると、チューニング費用だけでも1620万円。コンプリートカーの参考車両価格は3948万9000円(MT)、4087万5000円(F1)と記されている。

●Owner’s Story 頭のネジが取れるほど没頭できる、ドライビングの圧倒的な気持ちよさ
Text:Shinnosuke OHTA

 最初の転職は39歳。その後はマンハッタンを拠点にバリバリと仕事を続け、独立して日本に戻り、起業したのは14年前。アメリカ時代もリース契約のリンカーンを足代わりにしていたが、もともとクルマに興味はなかった。そんなA氏の人生をまったく別の方向に導いたのは、1台のハッチバックだった。

「日本でクルマを買うってなったのは40代過ぎてから。最初はAT3速のVWゴルフを買ったけど、すぐにMTのGTiに乗り換えた。これが面白くて。チューンしたらさらに良くなって、ある法則性ができてしまった……」

 その後、ドイツで買ったE36のM3に乗り換えると、すぐにチューニングの虫が騒ぎ、「アイディングに持って行ってステージ1を入れた。そしたらこれが目の覚めるようなクルマになってた。そこからアイディング蟻地獄です(笑)」

 横浜に拠を構えるアイディング・パワーの手になったA氏のM3は、その後順調にステージ2、ステージ3のメニューを経て、井手新勝代表曰く、「Aさんのために特別ステージを」との領域に達し3.5、3.7と進化。「四捨五入してくださいよ(笑)」とごちるオーナーの手元で、今も現役のチューンドとしてステージ4へと進化を遂げている。

 走るための鍛錬を続けた愛車に導かれるように、40台後半からサーキットへと足を踏み入れたA氏は「絶対ハマるからおいでよ」と、仲間に誘われるまま50代後半になってシングルシーターのFJにも乗るようになっていく。


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

au Circuit Queen/2018SGT
千倉里菜(ちくらりな)

Photo Ranking

フォトランキング