クルマ ニュース

投稿日: 2017.10.27 15:06
更新日: 2017.10.27 15:07

さらに3つの最新安全装備を加えたベストセラー、2代目『ボルボXC60』が登場


クルマ | さらに3つの最新安全装備を加えたベストセラー、2代目『ボルボXC60』が登場

 ヨーロッパ市場におけるプレミアム・ミッドサイズSUVのセグメントを席巻し、ベストセラーカーとなった初代の後継車として、新たなプラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」を採用して生まれ変わった、2代目『ボルボXC60』が登場。この10月16日より発売が開始されている。

 2008年に登場した初代は発売以来、好調な売り上げを記録し、世界累計で100万台以上が生産された大ヒットモデルに成長。欧州でもセグメントNo.1の販売台数を記録する成功作となった。

XC90、S90/V90などに通じるシャープな稜線と曲線で立体的に造形されたデザインに

 その次世代として登場したこの新型『ボルボXC60』は、先にデビューしている90シリーズと同様に、ボルボ渾身の最新モジュールシャシーを採用。すでにエレクトリックメーカーになると宣言し、その前段階では「2リッター4気筒以上の内燃機関は製造しない」と発表しているとおり、パワートレーンも90シリーズにならう形で搭載。

 ガソリンエンジンは2リッター4気筒直噴ターボの“T5”(最高出力254PS、最大トルク350Nm)、同仕様にスーパーチャージャーを追加しツイン過給とした“T6”(最高出力320PS、最大トルク400Nm)。

 クリーンディーゼルは、ガソリンと同排気量で最高2500気圧での燃料噴射を実現するi-ARTコモンレール・ダイレクトインジェクションシステムを採用した“D4”(最高出力190PS、最大トルク400Nm)、そしてプラグインハイブリッドとなる“T8”(最高出力318+87PS、最大トルク400+240Nm)と、豊富なバリエーションが用意された。

エントリーグレードの「D4/T5 AWD Momentum」は599万円ながら、安全装備はほぼ標準となる

 こちらも兄弟の90シリーズ同様、新世代のエクステリアデザインに更新された外観は、『XC90』をコンパクトにし、ディテールを洗練させた機能的かつ美しい仕上げを見せる。

 そしてインテリアはコントラストステッチを施したテイラード・ダッシュボード(InscriptionとR-Designにオプション設定)、スウェーデンの高級ガラスメーカー、オレフォス社製のクリスタルを使用したシフトノブ(T8 Twin Engine AWD Inscription)や、美しい流木からデザインコンセプトを取り入れたという自然な木目のウッドパネルなど、質感の高さはもとより、厳選したマテリアルとスカンジナビアンデザインの組み合わせで、独自の世界観を作り出している。

プラグイン機構はXC90などと同等のセンターバッテリー、前後モーターの「ツインエンジン」システムを採用


本日のレースクイーン

マーキュリーエンジェルス
今村知可(いまむらちか)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング