クルマ ニュース

投稿日: 2017.11.24 16:57

新エクステリアの『オデッセイ』、“Honda SENSING”も全車標準装備化


クルマ | 新エクステリアの『オデッセイ』、“Honda SENSING”も全車標準装備化

 広い室内空間と風格のあるスタイリング、優れた燃費性能と上質な走りなどで、ホンダのフラッグシップ・ミニバンとして君臨する『オデッセイ』がマイナーチェンジ。先進の安全運転支援システム“Honda SENSING(ホンダ センシング)”を全タイプで標準装備するとともに、デザインや装備、使い勝手などを向上し、11月17日から発売開始となっている。

 ハイブリッドモデルの追加以降、初となる今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインが大きく進化。

 フロントのバンパー、グリルのデザインを変更し力強い印象のフロントマスクに仕上げられたほか、LEDフォグライトを標準装備し、全タイプのエクステリアデザインを統一するなど、新規デザイン採用のアルミホイールなどと合わせて、より質感の高いエクステリアへと更新された。

 また、そのエクステリアに合わせる形で、オデッセイの特長である2列目プレミアムクレードルシートには、深いくつろぎをもたらす大型ヘッドレストを、足元にはスマートフォンやペットボトルなどが収納可能な小物入れを採用するなど、インテリアもさらにリラックスできる空間が演出された。

フロント周りを中心に造形が変更されたエクステリアは、全タイプでデザイン統一が図られた
現行「Honda SENSING」の全8機能をガソリンモデル、ハイブリッドモデルともに採用


本日のレースクイーン

SHADE GIRLS 2021
松田蘭(まつだんらん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング