クルマ ニュース

投稿日: 2018.10.03 18:45

新型『BMW X3』に、日本初導入の高性能6気筒ディーゼル搭載モデルがデビュー


クルマ | 新型『BMW X3』に、日本初導入の高性能6気筒ディーゼル搭載モデルがデビュー

 2017年10月に第三世代のモデルへと生まれ変わった新型『BMW X3』に、日本初導入となる高性能ディーゼルエンジンを搭載したM Performanceモデル、『BMW X3 M40d(エム・ヨンマル・ディー)』が追加設定され、9月20日より発売が開始されている。

 モデル名に冠された“M”の称号が示すとおり、BMWの指定するM Performanceモデルとは、パワートレインやシャシーにBMW M社の技術に基づいたスポーティなチューニングを施し、さらに高い走行性能を象徴する専用デザインを採用することで、スポーティな存在感を際立たせたモデルと定義されている。

 サーキット走行を想定したBMW Mモデルと、実用性の高さをより重視したBMW標準グレードの中間に位置付けられ、高いスポーツ走行性能と実用性を兼ね備えたバランスが際立つ仕上げが特徴だ。

 今回追加された新型『BMW X3 M40d』は、日本市場に初めて導入される3リッターの直列6気筒M Performanceツインパワー・ターボディーゼルエンジンを搭載し、最高出力326PS/4400rpmと最大トルク680Nm/1750-2750rpmを発生するとともに、Mスポーツ・ディファレンシャルを搭載することで、より正確なトラクションコントロールを実現。M Performanceモデルにふさわしいコーナリング性能も併せ持っている。

エアインテークやミラーキャップを、洗練された印象を際立たせるフェリック・グレーで統一
Mスポーツ・ディファレンシャル搭載による高いコーナリング性能と同時に、JC08モード燃費14.9km/リッターの省燃費性能も両立した


本日のレースクイーン

LOTUS
荒町紗耶香(あらまちさやか)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング