クルマ ニュース

投稿日: 2019.03.28 11:23
更新日: 2019.03.28 11:28

1.5リッターに48Vの最新BSG採用『メルセデス・ベンツE200』と『E300』を追加設定


クルマ | 1.5リッターに48Vの最新BSG採用『メルセデス・ベンツE200』と『E300』を追加設定

 2016年7月にデビューしたW213の5代目『メルセデス・ベンツEクラス』に、効率化と高性能化を両立した新技術“BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V電気システム”をドッキングした1.5リッター直列4気筒直噴ターボ搭載の『E200アバンギャルド/E200 4MATICアバンギャルド』が新登場。さらに285PSを発生する2リッターエンジンを搭載した『E300アバンギャルド スポーツ』も追加設定され、3月22日より受注開始となっている。

 先の大幅改良で現行Cクラスに初搭載された注目のパワートレインがEクラスにも登場。新開発の1.5リッター直列4気筒直噴ターボエンジン“M264”に、BSGと48Vの新世代電装系を採用し、効率性、快適性、高性能化を同時に実現したパワートレインとなっている。

 このM264はエンジン単体で184PS、280Nmの出力を発生し、ターボチャージャーにはツインスクロールシステムを採用するほか、可変バルブタイミング機構の“CAMTRONIC(カムトロニック)”により状況に応じた最適な吸気制御を実現。

 さらにエンジン内部の摩擦抵抗低減対策として、メルセデス新たに開発した特許技術“CONICSHAPE(コニックシェイプ)加工”を採用。熱膨張を考慮してシリンダーウォール自体を底部に向けてややテーパー形状に加工することで、ピストン膨張時の摩擦を低減する画期的な新技術となっている。

新技術”BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V電気システム”をドッキングした1.5リッター直列4気筒直噴ターボ搭載の『E200アバンギャルド/E200 4MATICアバンギャルド』と285PSを発生する2リッターEGを搭載した『E300アバンギャルド スポーツ』を追加
“BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V電気システム”をドッキングした1.5リッター直列4気筒直噴ターボ


本日のレースクイーン

ENEOS GIRLS
今井みどり(いまいみどり)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング