クルマ ニュース

投稿日: 2016.09.30 14:50
更新日: 2016.09.30 14:55

第2世代のアウディQ5が登場:さらにスポーティ、さらに多面的に進化


クルマ | 第2世代のアウディQ5が登場:さらにスポーティ、さらに多面的に進化

第2世代のAudi Q5が登場:さらにスポーティ、さらに多面的に進化

■ 新型Audi Q5は2017年初頭に発売
■ 5種類のエンジンを搭載
■ ダンパーコントロール機構付きのエアサスペンションを新設定

2016年9月29日、インゴルシュタット/パリ
 アウディは、大きな成功を収めたモデルの第2世代をパリ・モーターショーで発表。新型Audi Q5の販売は、2017年から開始されます。この新しいSUVモデルは、アウディサルーンのスポーツ性、多面的なキャラクター、フレキシブルに使えるインテリアを見事に融合しています。同時に、コネクティビティ、効率性、ドライバーアシスタンスシステムの各分野でも、セグメントの新たな基準を再び確立しています。

「初代Audi Q5は、このクラスにおいて、長年に渡り世界のベストセラーSUVとして成功を収めてきました。その後継モデルをデザインすることは簡単ではありませんが、我々にとっては非常にやりがいのあるチャレンジになりました」とAUDI AG取締役会会長のルパート・シュタートラーは述べています。

「新型Q5によって、我々はこのセグメントの基準を一段高いものに引き上げました。このモデルには、ultraテクノロジーを採用したquattroドライブシステム、きわめて高効率なエンジン、ダンパーコントロール機能を備えたエアサスペンション、インフォテイメント及びアシスタンスシステムの幅広いラインナップなど、数々の注目すべき革新技術が搭載されています。」

 新型Audi Q5は、街中でもスポーティで緊張感のある佇まいによって、人々の注目を集めることになるでしょう。エアロダイナミクスに配慮したフロントエンドでは、彫刻的な造形のシングルフレームグリルが存在感を放っています。ヘッドライトは、LEDまたは高輝度のマトリクスLEDテクノロジーを用いた仕様が設定され、マトリクスLEDにはダイナミックターンシグナルが内蔵されます。

アウディならではのデザイン:quattroドライブをイメージ想起
 サイドビューでは、特徴的なカーブと力強いアンダーカットを形成するショルダーラインが、主要なデザインエレメントとなっています。力強く強調されたホイールアーチは、quattroフルタイム4輪駆動システムをイメージさせ、低いグリーンハウスが後方に向かうに従って流れるように傾斜しています。

パリ・モーターショーで発表されたアウディQ5
パリ・モーターショーで発表されたアウディQ5

 フロントと同様、リヤエンドも、水平ラインがクルマの幅の広さと存在感を強調しています。テールライトにも、オプションでダイナミックターンシグナルを装備することができます。Cピラーの部分にまで回り込んだテールゲートは、アウディのQモデルに共通する特徴です。ディフューザーインサートには、エキゾーストテールパイプが組み込まれています。

 新型Q5のボディカラーは、全部で14色を設定。装備グレードは、sport、design、S line sport package、design selection、S line exterior packageの5タイプが用意されています。選択したグレードによって、クルマ全体の印象はかなり変化します。designを選択すると、ボディと対照的なグレーのアドオンパーツにより、新型SUVのヘビーデューティなキャラクターが強調されます。sportを選択すると、それらの部分がすべてボディ同色に塗装されます。


関連のニュース

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング