クルマ ニュース

投稿日: 2016.10.08 00:38

Cクラス初のオープン。『メルセデスベンツCクラス・カブリオレ』登場


クルマ | Cクラス初のオープン。『メルセデスベンツCクラス・カブリオレ』登場

 現行Sクラスクーペの小型版とも言うべき、瀟洒なリヤスタイルで登場したCクラスクーペに、早くもカブリオレモデルが上陸。Cクラスとして初のオープンモデルである『Cクラス・カブリオレ』は、セダン、ワゴン、クーペと同等の快適性や安全性を備えながら、専用開発された『アコースティックソフトトップ』により、高い遮音性と耐候性を備えているという。

 Cクラス・カブリオレに用意されるグレードは、1.6リッター直4ターボのC180カブリオレ・スポーツ、同2.0リッターのC300 カブリオレ・スポーツ、そしてメルセデスAMGモデルとなるC43 4MATIC・カブリオレとC63Sカブリオレの4グレード展開となる。

C180 カブリオレ スポーツ
C180 カブリオレ スポーツ

 アコースティックソフトトップは、ボディカラーに合わせた3色(ブルー、ブラック、ダークレッド)のソフトトップで、走行中でも50km/hまで開閉操作を許容し、約20秒で動作完了。メルセデスのオープンではお馴染みとなった、ヘッドレスト下部から温風を吹き出して首の周囲を確実に暖める『エアスカーフ』や、オープンドライブ時に室内への風の巻き込みを抑え快適性を向上させる『エアキャップ』も、C180をのぞき標準装備となる。

シート内蔵型の「エアスカーフ」はC180ではOP装備となる(写真は欧州仕様)
シート内蔵型の「エアスカーフ」はC180ではOP装備となる(写真は欧州仕様)


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング