クルマ ニュース

投稿日: 2020.03.06 11:42

フォルクスワーゲン、新型電動SUV『ID.4』や第8世代『ゴルフGTI』など新モデル多数発表


クルマ | フォルクスワーゲン、新型電動SUV『ID.4』や第8世代『ゴルフGTI』など新モデル多数発表

 フォルクスワーゲンは、3月3日に開幕予定だったジュネーブモーターショーの中止を受け、オンライン上で多くの新型モデルを発表。最大航続距離500kmを誇る新型電動SUVの『ID.4』や、グローバルで登場間近となる第8世代の『ゴルフ』をベースとしたGTI、GTD、GTEなどを公開した。

 量産車のみならず、モータースポーツの世界でも急速な電動化を推進するフォルクスワーゲンは、新たに立ち上げたEVブランド『ID.』シリーズで2番目となるモデルをアナウンス。先行する『ID.3』と同じく新しいモジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス(MEB)を採用したブランド初のコンパクトSUVは、前回のショーモデル『ID.CROZZ(アイディ. クロス)』改め『ID.4』と名付けられた。

 当初はヨーロッパ、中国、米国で生産および販売が予定されるこのモデルは「卓越したエアロダイナミクスにより抗力係数が低減された」と謳われるとおり、その航続距離は最大500kmにも達する。

 高電圧バッテリーをアンダーボディの中心近くに搭載することにより、低重心化とバランスの取れた軸荷重配分を実現。これによりドライビングダイナミクスが最適化され、他のすべてのMEBモデルと同様にコンパクトな電気駆動テクノロジーを採用することにより、広々とした室内スペースも両立している。

 さらにフルデジタルコクピットは操作時に分かりやすい構成を特徴とし、主にタッチスクリーンとインテリジェントで直感的なボイスコントロールによって機能へのアクセスが行われる。そんなEVコンパクトSUVの『ID.4』だが、まずは後輪駆動モデルとして発売され、追って電動4輪駆動バージョンも追加される。

量産車のみならず、モータースポーツの世界でも急速な電動化を推進するフォルクスワーゲン。『ID.3』(右)はゴルフに代わる基幹車種となるか
モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス(MEB)を採用した『ID.4』


関連のニュース

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング