クルマ ニュース

投稿日: 2020.07.10 19:32
更新日: 2020.07.10 19:33

出会った瞬間に恋に落ちる? 激戦区の輸入コンパクトSUV界で抜群の可愛らしさを発揮/フィアット500X実践試乗レポート


クルマ | 出会った瞬間に恋に落ちる? 激戦区の輸入コンパクトSUV界で抜群の可愛らしさを発揮/フィアット500X実践試乗レポート

 話題の新車や最新技術を体験&試乗する『オートスポーツWEB的、実践インプレッション』企画。お届けするのは、クルマの好事家、モータージャーナリストの佐野弘宗さん。

 第8回は、“チンクエチェント”の愛称で日本でもファンの多いフィアット500シリーズから、5ドアクロスオーバーSUVの『フィアット500X』を取り上げます。

 フィアット500Xは2015年秋に初めて日本へ導入され、2019年4月にはマイナーチェンジを実施。エクステリアの意匠変更と、新世代エンジンを搭載するなど、大きく進化しています。出会った瞬間に恋に落ちてしまいそうな、独特の魅力を持つ500Xの全貌に迫ります。

* * * * * * * *

 フィアットの日本向けウェブサイトを見ると、現在販売中の4車種のうち3車種が『500』を名乗っている。その3車種とは、3ドアハッチバックである素の『500』、そのオープン版の『500C』、そして今回取り上げる5ドアクロスオーバーSUVの『500X』である。

 残る1車種はパンダで、いま正規輸入されている非500のフィアットはパンダだけなのだ。

 フィアットのこうした“500依存?”の状態は、日本だけの話ではない。イタリア本国のウェブサイトでも、今やフィアットの乗用車ラインアップ7車種のうち5車種の車名に『500』が付くのだ。

 具体的には、前記3車種に加えて、5ドアワゴンの『500L』、そして2021年発売予定の電気自動車『500e』という5車種。ちなみに、あとの2車種はパンダと日本未発売のティーポで、日本のマツダが供給していた124スパイダーはすでに販売を終了した。

フィアット500X Cross
フィアット500X Cross

 このなかで、新しい500eは完全な電気自動車専用設計であることが大きな特徴だ。その500eが発売されても、エンジンを搭載する従来型500はマイルドハイブリッド化などの改良も加えられつつ「需要があるかぎりは」併売されるのだという。

 そして、日本未導入の500Lの骨格設計は旧グランデプント由来プラットフォームで素の500とは異なり、500Xのそれとも違う。

 つまり、同じように『フィアット500~』を名乗っていても、素の500/500C、500X、500L、そして新型500e……と、それぞれの骨格設計は別物といってよく、基本ハードウェアは4パターンにのぼるわけだ。『フィアット500』とはもはや、特定のクルマの車名というよりブランド名と化している。

 そんななかでも、500Xはもっとも立派なボディサイズをもち、よって実用性や居住性がもっとも高いフィアット500ということになる。

 500Xは同じグループ内のジープ・レネゲードと同時開発された兄弟車であり、基本構造や主要メカニズムを共用する。その世界デビューは2014年秋で、現在販売されているのは2019年春に発売されたマイナーチェンジモデルだ。

フィアット500X Cross
フィアット500X Cross
フィアット500X Cross
フィアット500X Cross

■ワインディングで本領発揮!好事家を唸らせる500Xの走り


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング