国内レース他 ニュース

投稿日: 2024.03.06 16:36

B-Max Racing Teamが2024年スーパーフォーミュラ・ライツ参戦体制を発表。6台体制に


国内レース他 | B-Max Racing Teamが2024年スーパーフォーミュラ・ライツ参戦体制を発表。6台体制に

 3月6日、B-Max Racing Teamは2024年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権の参戦体制を発表した。今季はチャンピオンを目指す若手ドライバーが2名、さらにスポットで1名が参戦。一方、マスタークラスは4台体制と、合計6台でシーズンに臨むことになった。

 2023年は木村偉織がチャンピオンを獲得し、チームタイトルも獲得したB-Max Racing Team。2024年のスーパーフォーミュラ・ライツはタイヤ銘柄の変更、そしてワンメイクエンジン化されるなどスーパーフォーミュラ・ライツも変革の年を迎えることになるが、そんな今季もタイトル獲得を目指し、万全の体制で臨む。

 カーナンバー1をつけることになったのは、2023年にFIA-F3で最高位5位を獲得した経験をもつケイレン・フレデリック。ドイツとアメリカの国籍をもち、すでに2023年の最終戦を訪れていたほか、テストでも好タイムを記録しているという。

 そして、木村がつけていたカーナンバー50で戦うことになったのは、2023年にランキング3位だった小出峻だ。HFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)のドライバーとして、チャンピオン獲得を目指す。

 さらにチームでは、今季も夢を追う若手ドライバー育成に注力し、2023年にFIA-F4でランキング6位につけていた荒川麟のスポット参戦をサポートすることになった。

 またマスタークラスでは、近年一騎討ちを展開していた今田信宏とDRAGONに加え、2023年FIA-F4インディペンデントカップチャンピオンの藤原誠、そして清水康弘が参戦することになった。清水はポルシェカレラカップ等で活躍し、2011年にはTEAM ART TASTEからスーパーGTに参戦した経験をもつ。この年以来のレース復帰になるという。

 TOM’Sとともにスーパーフォーミュラ・ライツの主役とも言えるチームのひとつであるB-Max Racing Team。今季もシリーズを盛り上げてくれるのは間違いなさそうだ。

B-Max Racing Team
2024年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権参戦体制

カーナンバー1
車両名:Pilot ONE Racing with B-Max
ドライバー:ケイレン・フレデリック
エンジニア:内間淳

カーナンバー50
車両名:HFDP with B-Max Racing
ドライバー:小出峻
エンジニア:今関佳斗

カーナンバー4(マスタークラス)
車両名:JMS Racing Team
ドライバー:今田信宏
エンジニア:細木貴之

カーナンバー8(マスタークラス)
車両名:GNSY 324
ドライバー:清水康弘
エンジニア:鈴木薫

カーナンバー13(マスタークラス)
車両名:TEAM DRAGON 324
ドライバー:藤原誠
エンジニア:林田将志

カーナンバー30(マスタークラス)
車両名:TEAM DRAGON 324
ドライバー:DRAGON
エンジニア:芹沢良一

カーナンバーTBA
車両名:TBA
ドライバー:荒川麟


関連のニュース