国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.08.20 20:34
更新日: 2017.08.21 15:01

MINI CHALLENGE JAPAN第2戦が富士で開催。高いポテンシャルと可能性を披露


国内レース他 | MINI CHALLENGE JAPAN第2戦が富士で開催。高いポテンシャルと可能性を披露

 8月20日、富士スピードウェイでチャレンジカップジャパンの第3戦が行われたが、そのなかでエキジビションというかたちではあるものの、MINI CHALLENGE JAPANの第2戦が行われ、ミニ・チャレンジで使用されるミニF56 JCWチャレンジカーの実力が披露された。

 このMINI CHALLENGE JAPANは、2002年にイギリスで始まったBMWミニのワンメイクレース。本国では40台以上が参戦する人気シリーズだが、ミニ専門のカスタマイズパーツブランドであるジオミックがプロモーターとなり、日本へ輸入。シリーズ開催に向け6月25日、初めてレースが富士スピードウェイで開催された。

 スペックの詳細は別記事に譲るが、今回は富士チャンピオンレースシリーズのなかで行われた『チャレンジカップジャパン』の第3戦内で開催。予選、決勝ともに“走行講義”というかたちでのエキジビションだったが、ミニF56 JCWチャレンジカーの実力が披露された。

 今回エントリーしたのは、前戦も参加した香港人ドライバーのレオ・ライと、ブランパンGTシリーズ・アジアのTTR Team SARDのポルシェとのダブルエントリーとなった香港のトニー・フォン、そしてスーパー耐久にも参戦する村田信博、佐藤考洋Tipo誌編集長という4人だ。

MINI CHALLENGE JAPANで使用されるミニF56 JCWチャレンジカー
MINI CHALLENGE JAPAN第2戦のようす
MINI CHALLENGE JAPANで使用されるミニF56 JCWチャレンジカー


本日のレースクイーン

Pガール
鈴乃八雲(すずのやくも)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング