国内レース他 ニュース

2018.05.23

FIA-F4鈴鹿:角田裕毅がダブルウインで5連勝。第6戦ではバリアにマシンが乗り上げる大クラッシュも


国内レース他 | FIA-F4鈴鹿:角田裕毅がダブルウインで5連勝。第6戦ではバリアにマシンが乗り上げる大クラッシュも

 FIA-F4選手権シリーズの第3大会が5月19~20日に鈴鹿サーキットで行われ、第5戦、第6戦ともに角田裕毅(HFDP/SRS/コチラレーシング)が優勝して5連勝。なお第6戦ではクラッシュした1台がタイヤバリアに乗り上げるほどの大クラッシュが起きている。

 ここまで3連勝で、ランキングのトップを疾走する角田が、鈴鹿でも絶好調。木曜日、金曜日に行われたF4トレーニングでは4セッション中3セッションでトップにつけて、もちろん総合ベストを記していた。

 鈴鹿といえば、SRS-Formula出身の角田にとってホームコースであって、ホンダ勢にとってお膝元。名取鉄平(HFDP/SRS/コチラレーシング)や大滝拓也、佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)といったチームメイトも続くなか、唯一互角に渡り合っていた小高一斗(FTRSスカラシップF4)が、予選、決勝をどう戦うか注目された。

 前日未明に降った雨の影響がわずかに残っていたとはいえ、ほぼドライコンディションで予選は競われることとなった。

 後半に路面状態が向上するのは確実ながら、いつ赤旗が出されてもおかしくないのがFIA-F4の予選だけに、ほとんどのドライバーが早々にアタックをかけたのに対し、走り出してはいたが、しばし成りを潜めていたのが角田。逆に最初に2分7秒台に乗せて、パドックをアッと言わせたのが岩佐歩夢(Canastera・EMC・Rn-s)だった。昨年の最終大会以来の出場となる、鈴鹿カート選手権出身の17歳が大躍進を遂げていた。

 しかし、岩佐がトップに立ったのも束の間、ようやくタイムを出してきた角田が大幅なレコード更新となる、2分6秒台をただひとり連発して、2戦ともにポールポジションを獲得する。

 小高も2戦とも2番手につけたが、6秒台に入れたのは1回のみ。いかに角田が安定して速かったかが分かろうというもの。

「最初のプランどおり、路面ができあがるのを待って遅めにアタックしました。でも、ストレートで追い風だったので最高速も伸びたから、攻めていって1コーナーでスピンしたり、トラフィックにも捕まったので、まだまだ行けた感触はあったんですけども」と角田。

 逆に「タイムを出しに行くのが早過ぎました。6秒台に入った時、まだまだ行けたなと思った反面、その時にはもうフロントのタイヤが終わっていて。まぁ、2番手なら大丈夫かと。富士より抜きにくいコースですが、仕掛けていきたいと思います」と小高は反省しきり。

角田裕毅(HFDP/SRS/コチラレーシング)
連勝を伸ばした角田裕毅(HFDP/SRS/コチラレーシング)


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2019RAYBRIGレースクイーン
沢すみれ(さわすみれ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング