国内レース他 ニュース

投稿日: 2019.05.18 17:34
更新日: 2019.05.18 19:50

TCRジャパン第1戦サタデーシリーズ:ホーソンが記念すべき初のウイナーに。KCMGは2クラス制覇


国内レース他 | TCRジャパン第1戦サタデーシリーズ:ホーソンが記念すべき初のウイナーに。KCMGは2クラス制覇

 2019年からスタートしたTCR規定の新ツーリングカーレース、TCRジャパンシリーズの第1戦サタデーシリーズが5月18日に行われ、ポールポジションを獲得したマシュー・ホーソン(ホンダ・シビック・タイプR TCR)が逃げ切り優勝。記念すべき初のTCRジャパンウイナーとなった。

 13時05分からスタートしたサタデーシリーズの公式予選は、午前に比べ雨脚も強まり、メインストレートに対して強い向かい風が吹くなかでスタートした。20分のみの予選のなかでタイムを出そうと各車が一斉にコースインしアタックを展開していくが、開始から3分後、ターン16で前嶋秀司(アルファロメオ・ジュリエッタTCR)がコースアウト。グラベルストップしてしまい、この回収のため赤旗中断となってしまった。

 セッションは13時17分に再開されるが、その後も密山祥吾(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)やふたたび前嶋がコースアウトを喫するなど、スリッピーな状況は変わらず。そんななか、2分11秒050をマークしていた篠原拓朗(アウディRS3 LMS)が記念すべきTCRジャパンシリーズの初めてのポールシッターとなるかと思われたが、チェッカー周にホーソンが2分10秒625をマーク。ポールポジションを獲得した。

 2番手につけたのは篠原で、3番手には金丸ユウ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)が、4番手には密山が続いた。5番手には松本武士(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)がつけ、実力派のドライバーたちが上位を占めている。

■決勝は終盤までTCRらしい接近戦が展開

 全日本スーパーフォーミュラ選手権の公式予選の際に強まっていた雨は、16時15分のTCRジャパンシリーズのサタデーシリーズ決勝レース時には止み、風は強いままだったものの、急速にコース上の水量が減っていくなかでセーフティカースタートとなった。なお、前嶋は決勝のグリッドにつくことはできなかった。

 3周目にレースが始まるが、ポールスタートのホーソンに篠原、そして金丸が続いていく展開。ウエットコンディションということ、翌日にサンデーシリーズも控えていることから、序盤は接近しつつも、ツーリングカーらしいバトルはやや控えめ。一方で、ブロンズドライバーたちによるジェントルマンクラスの戦いは、1周目からKENJI(アウディRS3 LMS)と塩谷烈州(ホンダ・シビック・タイプR TCR)がバトルを展開。1コーナーで2台は接触し、塩谷が順位を落としてしまった。

 中盤まで白熱したのはジェントルマンクラスで、KENJIがトップを走っていたものの、7周目の第2ヘアピンでコースオフ。これでYOSHIKI(アウディRS3 LMS)とYUKU TANIGUCHI(ホンダ・シビック・タイプR TCR)のバトルがトップ争いに変化。さらに8周目、YOSHIKIにプレッシャーをかけたYUKU TANIGUCHIがクラストップに浮上し、かつてWTCCで戦ってきた実力をみせた。

 一方、終盤に白熱したのは総合のトップ争い。ホーソンを先頭に篠原、金丸の3台が三つ巴の戦いとなっていった。ファイナルラップまで3台は接近戦を展開したものの、最後はホーソンが逃げ切りチェッカー。記念すべきTCRジャパンシリーズの初レースをポール・トゥ・ウインで飾った。

 2位は篠原、3位は金丸で、4位は密山、5位は松本とフォルクスワーゲン勢が続いた。ジェントルマンクラスは混戦を勝ち抜いたYUKU TANIGUCHIがトップチェッカーを受け、ホーソンとともにKCMGが2クラスを制した。YOSHIKIがHIROBON(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)を抑えきりジェントルマンクラスの2位となった。

TCRジャパンシリーズ第1戦オートポリスのサタデーシリーズはセーフティカースタートとなった。
TCRジャパンシリーズ第1戦オートポリスのサタデーシリーズはセーフティカースタートとなった。
篠原拓朗(アウディRS3 LMS)と金丸ユウ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)
篠原拓朗(アウディRS3 LMS)と金丸ユウ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)
TCRジャパンシリーズ初のウイナーとなったマシュー・ホーソンとKCMG土居隆二監督
TCRジャパンシリーズ初のウイナーとなったマシュー・ホーソンとKCMG土居隆二監督
TCRジャパンシリーズ第1戦オートポリス 表彰台
TCRジャパンシリーズ第1戦オートポリス 表彰台
YOSHIKIと競り合うYUKU TANIGUCHI
YOSHIKIと競り合うYUKU TANIGUCHI
ジェントルマンクラス3位となったHIROBON
ジェントルマンクラス3位となったHIROBON
ジェントルマンクラスを制したYUKU TANIGUCHI
ジェントルマンクラスを制したYUKU TANIGUCHI
TCRジャパンシリーズ第1戦オートポリス ジェントルマンクラスの表彰台
TCRジャパンシリーズ第1戦オートポリス ジェントルマンクラスの表彰台

TCRジャパンシリーズ第1戦オートポリス サタデーシリーズ決勝結果

PosNoDriverTeamCarLaps
118マシュー・ホーソンKCMGホンダ・シビック・タイプR TCR11
221篠原拓朗Hitotsuyama RacingアウディRS3 LMS TCR11
35金丸ユウTEAM GOH MODELSホンダ・シビック・タイプR・TCR11
452密山祥吾埼玉トヨペット GreenBraveフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR11
525松本武士Volkswagen 和歌山中央RT with TEAM 和歌山フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR11
672YUKE TANIGUCHIKCMGホンダ・シビック・タイプR・TCR11
723YOSHIKIN-SPEEDアウディRS3 LMS TCR11
819HIROBONバースレーシングプロジェクト【BRP】フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR11
9190植田正幸バースレーシングプロジェクト【BRP】アウディRS3 LMS TCR11
1062塩谷烈州TEAM G/MOTION’ホンダ・シビック・タイプR・TCR11
1155Mototino55 MOTO RACINGアルファロメオ・ジュリエッタTCR11
1210佐藤潤Adenauフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR11
1324KENJIN-SPEEDアウディRS3 LMS TCR11
147牧野淳NILZZ RacingアウディRS3 LMS TCR11
R33前嶋秀司GO&FUN Squadra Corseアルファロメオ・ジュリエッタTCRDNS

※ファステストラップ:
マシュー・ホーソン(ホンダ・シビック・タイプR TCR) 2’10.224(3/11)
YOSHIKI(アウディRS3 LMS) 2’11.535(3/11)

※ペナルティ
No.24は、TCRジャパンシリーズ2019競技規則 第9条9-1.違反(危険なドライブ行為)により、競技結果に対し30秒加算のペナルティを科す。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング