国内レース他 ニュース

投稿日: 2020.07.30 07:00
更新日: 2020.07.30 07:01

スーパー耐久:松田次生がMP Racingに加入。富士24時間レースに参戦


国内レース他 | スーパー耐久:松田次生がMP Racingに加入。富士24時間レースに参戦

 7月30日、ピレリスーパー耐久シリーズに参戦するMP Racingは、9月5〜6日に富士スピードウェイで開催される2020年ピレリスーパー耐久シリーズ第1戦『NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース』のドライバーとして、松田次生が加入したことを発表した。

 “Magic Project Racing”=略してMP Racingとして2017年から活動するチームは、2018年からスーパー耐久にフェアレディZで参戦。2019年からニッサンGT-RニスモGT3を投入し最高峰ST-Xクラスに参戦。参戦初年度ながら安定した戦いをみせランキング3位という結果を残した。

 MP Racingへ加入する松田はニッサンを代表するドライバーのひとりとして、スーパーGT GT500クラスへ参戦するほか、全日本スーパーフォーミュラ選手権ではcarrozzeria Team KCMGのチーム監督を務めている。

 スーパー耐久でのレースは、2007年の第3戦『第14回十勝24時間レース』にフェアレディZで参戦し、ST-3クラス2位を獲得して以来となる。MP Racingへの加入で13年ぶりのスーパー耐久参戦が実現することとなった。

 富士24時間レースへの参戦が決定した松田は、7月30日に行われるスーパー耐久富士公式テストにも参加。JOE SHINDO、柴田優作、影山正美、高田匠、井上恵一とともに、2020年シーズンからニッサンGT-RニスモGT3の最新バージョンである2020年モデルへとチェンジしたMP Racing GT-Rのステアリングを握る予定だ。松田はこれまでニュルブルクリンクやスパ、鈴鹿等で18年モデルのステアリングも握っており、マシンは知り尽くしている。

 MP Racingは「強豪揃いのST-Xクラスにおいて念願のチャンピオン獲得に向け、強力なドライバーを擁して過酷な24時間レースの勝利を狙っていきます。そのために数多の実績と経験を持つ松田選手の加入はMP Racingのチーム力を底上げしてくれることと思います」としている。

MP Racing ピレリスーパー耐久シリーズST-X
参戦体制

チーム代表:横山博一
チーム監督:井上恵一
チーフエンジニア:佐藤賢二
Aドライバー:JOE SHINDO
Bドライバー:柴田優作
Cドライバー:影山正美
Dドライバー:高田匠
Eドライバー:松田次生
Fドライバー:井上恵一
車両名称:MP Racing GT-R
カーナンバー:9
使用車両:ニッサンGT-RニスモGT3(R35 GT3 MY2018)
タイヤ:ピレリ
車両メンテナンス:NILZZ RACING FACTORY

スーパー耐久公式テストを走るMP Racing GT-R
スーパー耐久公式テストを走るMP Racing GT-R


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング